無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


グーグルもアップルと同様のプライバシー保護を導入へ…フェイスブックにさらなる打撃

マーク・ザッカーバーグ

メタのマーク・ザッカーバーグCEO。

Photo by Liu Jie/Xinhua via Getty

  • グーグルは、フェイスブックなどのアプリがアンドロイドユーザーを追跡する方法を変更する計画を発表した
  • これは、アップルが昨年iPhoneで行った変更に似ており、アプリがアプリ間をまたいでユーザーの行動を追跡するのを拒否できるというものだ。
  • フェイスブックは、アップルが行った変更のために100億ドルの損失を被ると述べていた。

アップル(Apple)は2021年4月、iPhoneユーザーが、アプリに複数のアプリをまたいで自分の行動を追跡することを許可するかどうかを選択できるようにした。その結果、大半のユーザーはそれを許可していない

そして今、グーグル(Google)もアップルに続いて、Androidの広告トラッキングにプライバシー保護策を導入しようとしている。

Android製品担当バイスプレジデントのアンソニー・チャベス(Anthony Chavez )は2022年2月16日朝(現地時間)に公開されたブログ記事で、「我々は、複数年にわたるであろう、よりプライバシーに配慮した新しい広告ソリューションを導入することを目的とした取り組みを発表する」と述べた。

それによると、Androidにもアップルが行ったのと同様のプライバシーに関する変更が加えられ、「サードパーティーとのユーザーデータの共有が制限され、アプリ間の識別子なしで動作する」 という。

この変更は、グーグルがパートナーと協力して実施し、「少なくとも2年間は」移行期間があるとチャベスは述べている。

もしこれが施行されれば、フェイスブック(Facebook)の親会社のメタ(Meta)のような広告を主力としたビジネスに大きな影響を与える可能性が高い。アップルがこの変更を行った後の初期の調査では、iPhoneユーザーの95%以上が行動追跡を許可していないことがわかっている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み