無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


世界で最も高価なリゾート、価格を半額以下にしてブランド再構築

バンワ・プライベート・アイランド

バンワ・プライベート・アイランド

Courtesy of Banwa Private Island / Zuphachai Laokunrak, Tom Epperson & George Tapan

  • 世界で最も高価なリゾート、バンワ・プライベート・アイランドが1泊の料金を10万ドルから4万5000ドルに引き下げた。
  • このリゾートは、世界で最も高価なリゾートという地位、そして名声を捨て去りたいと考えている。
  • 同リゾートのマーケティング・コンサルタント、ジュディス・ロス・バノスによると、これまでに「およそ」100人のゲストがこの島に滞在したという。

世界で最も高級なリゾートは、ブランドを再構築する準備ができている。

フィリピンのバンワ・プライベート・アイランドが2019年5月にプレオープンしたとき、1泊の価格は10万ドル(約1100万円)という強気の設定だった。この高級リゾートでは、オーシャンフロントのビーチヴィラ6棟、広々としたジャグジー、インフィニティプール、島のパノラマビューを楽しめるガーデンルーム12棟のほか、スパやバーラウンジなど、あらゆるものが完備され、ジェットスキーやヨットを楽しむこともできる

2020年に新型コロナウイルスのパンデミックにより閉鎖され、2021年5月に再開されたときには1泊4万5000ドル(約520万円)と大幅に値下げされていた。

この値下げは、世界で最も高価なリゾートという評価を覆すための取り組みの一環だ。

「このような評価を、今は強調したくない」と同リゾートのマーケティング・コンサルタント、ジュディス・ロス・バノス(Judith Los Banos)は、ビデオインタビューでInsiderに語った。

「(プレオープンした時には)別のチームが『最も高級なリゾート』として売り出そうとしたんだ」

同リゾートは、パンデミックの最中でも「混雑のない」贅沢な休暇を提供し、飛行機で行ける「トラベル・バブル」として認知されることを目指している。受け入れる宿泊客の数も減らしており、プレオープン時は48人だったが、現在では36人としている。同リゾートの公式サイトによると、2021年12月に航空会社のAscent Flights Globalと提携し、宿泊客にプライベートな空の旅を提供できるようにもしている。

「宿泊客により快適で、プライバシーが守られた環境を提供したい」とロス・バノスは述べている。

バンワ・プライベート・アイランドのビーチ。

バンワ・プライベート・アイランドのビーチ。

Courtesy of Banwa Private Island / Zuphachai Laokunrak, Tom Epperson & George Tapan

1泊4万5000ドルというのは、最低3泊の滞在が条件となっており、値下げされたとはいえ、島を貸し切りにするには最低13万5000ドル(約1550万円)が必要になる。

ただし、当初は島を丸ごと貸し切りにするプランしかなかったが、ロス・バノスによると現在ではヴィラごとの予約も可能になっているという。ヴィラの1泊料金は2名2500ドル(約30万円)からで、最低3泊の滞在が必要だ。

ゲストに最も人気があるのがヴィラだという。それぞれにプライベートバトラーが付き、食事は朝食、昼食、午後の軽食、夕食がすべて宿泊料金に含まれている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み