無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アメリカの保健当局はパンデミックの行方を楽観視…「危機とは言えない時期に近づいている」

感染者数は減ってきてはいるが依然として多い、とアメリカ当局は述べている。

感染者数は減ってきてはいるが依然として多い、とアメリカ当局は述べている。

Tom Williams/CQ-Roll Call, Inc/Getty Images

  • アメリカの保健当局は2月16日、パンデミックの行く先について楽観的な見方を示した。
  • ホワイトハウスのコロナウイルス対策調整官も、アメリカで報告されている感染者および入院者の数は減少している、と指摘している。
  • アメリカの感染者数は1日平均約14万7000人で、前週から約40%減少している。

アメリカの保健当局は、COVID-19は「もはや危機ではない」と言える時が近づいていると指摘している。

ホワイトハウスの新型コロナウイルス対策調整官、ジェフ・ザイエンツ(Jeff Zients)は2022年2月16日の記者会見で次のように述べた。

「我々は国として、COVID-19が危機とは言えない時期に向かって力強く前進しているのは明らかだ」

ただし、「感染者および入院者の数は減ってきてはいるものの、依然として高い水準のままだ」とザイエンツは述べている。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)の所長、ロシェル・ワレンスキー(Rochelle Walensky)博士は、オミクロン株の感染者は減少していると述べた。

「我々は皆、行く先について、慎重ながらも楽観視している」

アメリカでは最近1週間の感染者数は1日平均約14万7000人で前週に比べて約40%減、入院者数は約28%減の9500人となっている、とワレンスキーは述べた。

アメリカでは、2021年12月1日に感染力の強いオミクロン変異株の感染者が初めて認められた後、感染者数が急増した。1月中旬までは、1日平均80万人以上の感染者が報告されていたことをCDCのデータは示している。

だが、感染者数が多いにもかかわらず、入院者数と死亡率が比較的少なく、専門家はオミクロン株はこれまでの変異株に比べて致命的でないようだと話している。

感染者数と入院者数の減少を踏まえ、マスクの着用を含むすべてのガイダンスが見直されているところだ、とワレンスキーは2月16日に述べた。

「我々は皆、このパンデミックを、そして、この2年間暮らしを変えざるを得なかったことを乗り越えたいと思っている」とワレンスキーは述べた。

ワレンスキーは、マスクについては「地域社会の医療機関の逼迫のレベルにかかわらず」 着用を推奨される時が常にあると警告した。例えば、体調がすぐれない時や、陽性と診断された後の10日間などだ。

彼女はCDCのガイダンスがいつ更新されるかについては、明言しなかった。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み