無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NFTの炭素排出量を相殺するためには、何百万本もの植樹が必要…最新の調査研究が指摘

NFT

Sashkin

  • NFTが排出する二酸化炭素を相殺するためには、何百万本もの木を植えなければならないことが、新しい研究で明らかになった。
  • NFT Clubによると、1本の木が処理できるCO2は60kgなので、NFTの販売1回分を相殺するためには1.37本が必要になるという。
  • このデジタル・コレクターアイテムの売り上げは、2021年には410億ドルに膨れ上がった。

NFT(非代替性トークン)の炭素排出量を相殺するためには、何百万本もの木を植えなければならないことが、新しい研究で明らかになった。

NFT Clubによると、1本の木はその生涯で60kgのCO2を処理できることから、NFTの販売1回分のCO2は1.37本の木で相殺できることになるという。このテック企業は、2021年10月に発表された報告書で、470万個のNFTについて指摘しているが、これは流通しているNFTのほんの一部に過ぎない。NFT Clubは「500万個のNFTの販売に必要な木の本数は、685万本になる」と述べている。

NFTはブロックチェーン上で作られたデジタルアイテムで、別の推計によると2021年の売上高は410億ドル(約4兆7000億円)とされている。

熱狂的なファンは、NFTがメタバースやWeb3と呼ばれる未来のインターネットを解き放つ鍵であると述べているが、批判的な人々はその価値を否定し、作成や取り引きに膨大なエネルギーが必要であることを指摘している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み