無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


D&Iを正しく遂行するために、組織を改善する3つの方法

リーダーは、自分の無意識の偏見と向き合い、積極的にアンラーニングを行う必要がある。

リーダーは、自分の無意識の偏見と向き合い、積極的にアンラーニングを行う必要がある。

Klaus Vedfelt/Getty Images

  • ダイバーシティとインクルージョン(D&I)は、疎外されている人々のためのものだが、彼らの声を代表するものではないという意見もある。
  • この分野の専門家、シェリー・コールドウェルは、人々はしばしばD&Iとビジネスの成果との関連性を理解していないと述べている。
  • 従業員と率直に話し合い、彼らについて学ぶことは、無意識の偏見を是正する一つの方法だ。

ダイバーシティ(多様性)とインクルージョン(包括性)(D&I)は常に組織の優先事項であるべきだが、ブラックライブスマター運動をきっかけに、関連するデータや政策に広く関心が集まるようになった。

The Unmistakablesはロンドンにあるコンサルティング会社で、組織のD&Iに関して、エビデンスに基づく見識づくりを支援している。同社が2021年に実施した調査によると、D&Iが支援すべき人々は、対話から排除されていると感じている人々である可能性が高いことが判明した。

D&Iの目的は、組織が多様な人材で構成されていることを確認し、すべての従業員が尊重され、受け入れられ、支援され、評価されていると感じられる環境を醸成することだ。

DE&Iも同様だが、エクイティ(公平性)にも焦点を当てている。これには制度やシステムの手順とプロセスにおける正義と公平性の向上が含まれている。

DE&Iの専門家であるシェリー・コールドウェル(Cherie Caldwell)はInsiderに対し、 「多様性には視点、価値観、信念、経験の違いが含まれるので、確認や確立なしに人々が共通の定義を持っていると仮定することは、多様性の意味を無視している」 と語った。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み