無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


セールスフォースの従業員、会社のNFT参入計画に抗議…400人以上が公開書簡に署名

400人以上のセールスフォースの従業員が、同社のNFT市場参入計画に抗議している。

400人以上のセールスフォースの従業員が、同社のNFT市場参入計画に抗議している。

Omar Marques/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

  • 400人以上のセールスフォースの社員が、NFT参入計画に抗議する公開書簡に署名した。
  • ビジネスソフトウェア大手の同社は、ユーザーがNFTを作成・販売できるプラットフォームを立ち上げる計画を発表していた。
  • 書簡には、環境と経済への懸念が綴られている。

セールスフォース(Salesforce)の従業員が、同社のNFT市場参入計画に反発している。

トムソン・ロイター・ファンデーション・ニュースが最初に報じたところによると、400人以上の従業員が、環境と経済への懸念を理由に、抗議の公開書簡に署名したという。

セールスフォースは2022年2月上旬、ユーザーがNFT(非代替トークン)を作成・販売できるNFTクラウドサービスを立ち上げる計画を発表していた。

NFT市場は2021年に410億ドル(約4兆7000億円)に膨らんだ。しかし、NFTは二酸化炭素排出量と規制されていないことによるリスクの高さから広く懸念されている。新しい研究によると、NFTの炭素排出量を相殺するには、数百万本の木を植えなければならないという。

この書簡は、セールスフォースの共同CEOに宛てたもので、NFT市場が、信頼、顧客の成功、革新、平等、持続可能性という同社の5つのコアバリューを損ないかねないことを強調している。

「NFTの分野では、詐欺や不正行為が後を絶たない」と従業員たちは書いている。トムソン・ロイターによると、環境問題に言及し、NFTの金銭的利益の分配が不平等であるという調査結果も引用しているという。

書簡では、従業員の反発が「離職率の上昇につながる可能性がある」とも指摘されています。ある従業員はトムソン・ロイターに対して「NFT計画が実現したら辞める」と述べたという。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み