無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ワークマンはなぜ「4900円テント」を作ったのか。社運かけた秘策の背景

並んだテント。

ワークマンが発表した1人用テント。6色のカラーバリエーションがある。

撮影:横山耕太郎

キャンプギア(キャンプ用品)のプレーヤーが多い中で埋没しないのか?100社くらいいると思いますが、最近は100円均一やホームセンターもあります。そういう中でワークマンは何を狙うのか説明します」

ワークマン専務の土屋哲雄氏は、2022年2月22日の記者会見でそう切り出した。

ワークマンと言えば、女性や家族向けの商品を前面に打ち出した新業態「#ワークマン女子」に象徴されるように、従来の「作業員向け」から、一般向けのスポーツアウトドアウェアに転換して急成長してきた。

そんなワークマンが今回本格参入を発表したのが、テントや寝袋などの「キャンプギア(キャンプ用品)」だ。しかし国内のキャンプギア市場は、すでにブランド力のある国内外のメーカーが先行している。ワークマンはどんな商品で、どう攻めるのか?

品川で開かれた商品展示会で、ワークマンの戦略を探った。

撮影:Business Insider Japan

1人用テントの価格は4900円

キャンプなど5点セット。

写真に写っているテントやチェア、ランタンなど5点の総額は1万円を下回る。

撮影:横山耕太郎

ワークマンが発売するキャンプギアは約140商品。1人用からテントから家族向けのテント、シュラフ(寝袋)、テーブルやイス、たき木のための台、ランプや手袋など多岐にわたる。

これらの商品でまず目を引くのが、価格の安さ。ワークマンは「キャンプ必需品5点が1万円以下でそろう」とうたう。

記者会見で土屋氏はこう語った。

狙いは初めてキャンプをする人。キャンプを始めようと思っても、テントが8万円、9万円してしまうハードルがあった。軽い気持ちでキャンプに行けるように、ハードルを下げる低価格だ」(土屋氏)

1人用のテントは4900円(以下いずれも価格は税込み)、チェア1780円、シュラフ(寝袋)1500円、テーブル980円、ランタン780円。これらをすべてそろえても価格は9940円だ。

特にテントが4900円という安さだが、機能性にもこだわりがあるという。

「生地には撥水(はっすい)性があり、入口部分を日よけのように使えるポールもセットになっています」(ワークマン広報部 鈴木悠耶氏)

DSC_0724

赤色のテント。これらの色はアンバサーの意見を取り入れて作られた。

撮影:横山耕太郎

デザイン性も強調する。ワークマンでは商品に消費者のニーズを組み入れるために、ブロガーやYouTuberなどを公式アンバサダーに招いている。アンバサダーと商品開発を進め、4900円のテントも鮮やかな赤や植物をあしらった柄など6色展開とした。

素材の「横展開」で低価格に

大型のテント

虫を防ぐ素材で作られた家族向けのテント。

撮影:横山耕太郎

またワークマンが強みとするのが機能性だ。

ワークマンがこれまで展開してきたアウトドアウェアは、燃えにくい「防融加工」や、虫が寄ってこない「防虫加工」、雨などに強い「耐久撥水」などの可能をした素材を使っている。

今回のキャンプギアにも、それらアウトドアウェアと同じ素材などを使用しているため、防虫性能があるテントなど、機能性が高いという。

ウェアと同じ素材や加工技術を使うことで、低コストにもつながっている。

ワークマンの防寒ダウン「フュージョンダウン」の内側の素材には、天然ダウン45%に加えて吸湿発熱綿が使われているが、これをそのままシュラフ(寝袋)にも「横展開」した。価格は7800円。

シュラフ

このシュラフの中身は、ワークマンの防寒ダウンと同じ素材が使われている「フュージョンダウンシュラフ」(7800円)。

撮影:横山耕太郎

目立った「スノーピーク」の成長

tutiya

Business Insider Japanの取材に応じるワークマン専務取締役・土屋氏。ワークマン再建の指揮を執ったことで知られる。

撮影:山﨑拓実

ただ、これまで衣服を主力商品としてきたをワークマンにとって、キャンプギア市場でどこまで存在感を伸ばせるのかは未知数だ。

キャンプ用品のブランドでは、コールマン(アメリカ)やロゴス(日本)などが知られており、すでに低価格、高価格、初級者、ベテランなどあらゆるカテゴリーの商品群がある。

また最近では特に業界大手・スノーピーク(日本)も売り上げを伸ばしている。スノーピークの2021年度の売上高は約257億円。そのうち国内の売上高は約196億円だった。

ワークマンは初年度の売り上げとして「40億円」を掲げているが、競合他社についてどう考えているのか?

Business Insider Japanの取材に応じた土屋氏はこう話した。

「競合はいないと思っています。私たちは本当の初心者をターゲットにしており、全く違うカテゴリー。また本格的な機能を持ちつつ、この価格帯というのは他にはないと思う」

また2月22日から開始したネット受付で、予想以上の反響があったと自信を見せる。

「4万人を想定してサーバーを用意していましたが、20万人からアクセスがありサイトがちょっと遅くなりました。ものすごい反響で、今日注文できる分では売り切れ商品も多い」(土屋氏)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み