無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「プーチンは、ロシア帝国が支配した時代に戻ることを望んでいる」国連安保理でアメリカ大使

2022年2月21日、ウクライナについてテレビで演説を行うロシアのウラジーミル・プーチン大統領。

2022年2月21日、ウクライナについてテレビで演説を行うロシアのウラジーミル・プーチン大統領。

Alexei NikolskyTASS via Getty Images

  • プーチン大統領は、ウクライナ東部の親ロシア派が支配する2つの地域を独立国家として承認した。
  • アメリカの国連大使は、プーチンは過去にロシア帝国だったのすべての地域に対して正当な権利を持っていると主張しようとしていると述べた。
  • 彼女は、それにはウクライナ、フィンランド、ベラルーシ、そしてポーランドとトルコの一部などが含まれると述べた。

アメリカの国連大使は2022年2月21日、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領は世界をロシア帝国が君臨していた時代に戻したいと考えていると述べた。

アメリカのリンダ・トーマス・グリーンフィールド(Linda Thomas-Greenfield)国連大使は、ウクライナにおけるロシアの行動を議論するために招集された国連安全保障理事会で上記のような発言をした。プーチン大統領は、ロシアがウクライナの2つの親ロシア地域を独立国家として承認し、軍隊をその地域に派遣すると発表しており、西側諸国からの非難が殺到している。

会議では、トーマス・グリーンフィールド大使が、ロシアの行動はウクライナの主権に対する攻撃であり、国際法の違反であると述べた。

「彼はこれらの地域にロシア軍を配置することを発表した。彼はそれを平和維持軍と呼んでいる。これはナンセンスだ。我々は彼らが本当は何なのか知っている」と述べ、この動きは「明らかにロシアがウクライナへのさらなる侵略の口実を作ろうとしている根拠」であると付け加えた。

トーマス・グリーンフィールド大使は、プーチンがロシアはソビエト連邦以前のロシア帝国時代の領土に対して正当な権利を持っていると述べたことを指摘した。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular