無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「メタバースは将来SNSにとって代わる」インフルエンサーと一般ネットユーザーの温度差鮮明、最新調査5つの注目点

メタバース

tolgart/Getty

2021年10月にフェイスブックがメタ(Meta)に社名を変更し、メタバースを構築する計画を発表して以来、「メタバース」はテック業界で話題だ。

メタ以外にも、マイクロソフトや中国のハイテク大手テンセントといった企業が独自のメタバース構築に投資しており、JPモルガンのようなレガシー企業も参入している。同銀行の最近の報告書は、メタバースは1兆ドル(約115兆円、1ドル=115円換算)の市場機会になると予測している。

インフルエンサーマーケティング企業の IZEAは、インターネットユーザー、特にコンテンツクリエイターがメタバースについてどう感じているかを調べるため、2021年末、約1000人を対象にメタバースに関する行動や期待について調査をした。

調査は「メタバースの世界で影響を与える」と「仮想通貨に影響を与える」の2つに分かれており、インターネットユーザーがネットの未来の中で仮想通貨やNFTの役割をどのように見ているかを深掘りしている。

調査対象は、アメリカ国内の18歳以上のインターネットユーザーだ。それによると、回答者の62%がソーシャルメディアを日常的に利用していると答え、23%が自分は「インフルエンサー」であると回答し、15%が「ソーシャルメディアを利用していない」と回答した。

IZEAのCEOであるテッド・マーフィ(Ted Murphy)は、「メタバース」という概念はまだ曖昧であり、回答者が自分なりに解釈できるように、質問の中でその意味を特定しなかったという。

調査で明らかになった5つのポイント

1. インフルエンサーの56%が現在メタバースに参加

一般のSNSユーザーでメタバースを利用していると答えたのは11%のみで、インフルエンサーの56%とは対照的だった。

IZEAのCEOは、メタバースに参加していると答えたインフルエンサーの多さに「驚かされた」と述べている。

「面白いですよね。人はメタバースの意味について自分なりの意見を持ち、自分なりに解釈したいと思っている。また、それが自分にとってどんな意味を持つのかを考えたいと思っているのです」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular