無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Buy

スプレーして拭き取るだけで抜群の撥水力。車のフロントガラスに「スマートビュー」

画像

Photo: 田中宏和

こちらの記事は、ギズモード・ジャパンから一部編集の上、転載しています。

ガラス撥水剤を塗りたてのときだけは、雨が降ってもいい。

ボディにワックスを塗るように、フロントガラスに撥水剤を施工するのは、今やカーオーナーの常識とも言えるだろう。

私が個人的に愛用しているCCI の「スマートビュー 車用ガラス撥水剤」は、手軽に施工できて撥水力が高いスプレータイプのシリコン系撥水剤

なぜ私がこれを選んでいるのか、その理由を書いてみようと思う。

いろいろなタイプの撥水剤

画像

Image: 田中宏和

ガラス撥水剤は大きく2種類。長寿命なフッ素系と、撥水力の高いシリコン系に分けられる。

施工が面倒だからなるべく長寿命なタイプが好ましい、という人は少なくないだろう。しかし、1年持つとアピールされている製品でも、実際には2〜3ヶ月後に撥水力が少々弱くなってしまうことがほとんどなのだ。

結局、塗りたての気持ちいい撥水力が欲しくて、洗車のときに重ね塗りしてしまうのなら、そもそも長寿命タイプにする意味はないんじゃないだろうか。

手間なく施工できれば苦にならない

画像

Image: 田中宏和

シリコン系の高撥水タイプの中にも、ボトルにセットされたフェルトを使って塗り込むタイプと、スプレーして拭き取るだけのタイプがある。

「スマートビュー」は、後者のタイプだ。とにかく手軽なのが特長。フェルトで塗り込むタイプと違い、乾かす時間も不要である。

言うまでもなく、欠点は耐久力の低さだが、それでも約1ヶ月は抜群の撥水力を保ってくれる。

もし駐車場に屋根があるなら、雨の日に出かける前だけサッと施工するという運用方法で、常にベストコンディションをキープすることも可能になるだろう。

手軽さだけでなく、バツグンの撥水力も合わせ持つ「スマートビュー」。本当にオススメできる逸品なので、ぜひ一度試してみてほしい。

(文、撮影・田中宏和/Source: Amazon.co.jp

注:この記事のリンクを経由して製品を購入すると、アフィリエイト契約により編集部が一定割合の利益を得ます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み