無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ミイラを作るための道具を大量に発見…防腐処理の謎を解く鍵になるかもしれない

アブシール遺跡で発見された壺。

アブシール遺跡で発見された壺。

Archive of the Czech Institute of Egyptology, photo Peter Košárek

  • エジプトで史上最大規模とされるミイラ化のための道具が大量に発見された。
  • 古代エジプトの謎に包まれたミイラ化プロセスの解明につながるかもしれない。
  • この遺物の近くにあるミイラはこれから発掘されるが、豪華な儀式で埋葬されたと見られている。

エジプトのアブシールで遺体を防腐処理するための道具が大量に発見された。エジプトでの発掘史上最大規模のものとされ、約2600年前に行われた豪華な葬礼儀式を知る手がかりになりそうだ。

少なくとも370個の陶製の壺が発掘され、そのうちのいくつかには、神聖な動物の神の頭をかたどったふたが付いていた。これらはミイラ化のプロセスについてこれまでにない洞察を与える可能性があると、専門家はInsiderに語っている。

アブシール遺跡の防腐処理作業が行われていた縦穴から発見された壺。

アブシール遺跡の防腐処理作業が行われていた縦穴から発見された壺。

Archive of the Czech Institute of Egyptology, photo Peter Košárek

「これは本当にエキサイティングで重要な発見だ」と、今回の研究には参加していないが、ワルシャワ・マミー・プロジェクト(Warsaw Mummy Project)のエジプト学者であるボイチェフ・エスモント(Wojciech Ejsmond)は、Insiderに電子メールで語っている。

「我々は何百ものミイラを見てきたが、防腐処理のプロセスに関してはまだ分からないことが多い」

このミッションを率いる考古学者で、チェコのプラハ・カレル大学の考古学教授であるミロスラフ・バルタ(Miroslav Bárta)によると、遺体の防腐処理のために縦穴を利用することは、古代エジプトで一般的に行われていたという。

地表から見下ろした防腐処理用の縦穴。

地表から見下ろした防腐処理用の縦穴。

Archive of the Czech Institute of Egyptology, photo Peter Košárek

アブシールには、隣接するメンフィスにいた古代エジプトのエリートたちが埋葬されており、そこにある縦穴は、特に遺物が豊富なことで知られている。

このような縦穴は「ミイラを作るための『レシピ本』とも言える」とエスモントは言う。

今回発掘された縦穴の近くにある、高位の将軍だったメネキブネカウの墓は、2003年から発掘が行われ、その防腐処理用縦穴からは、約300の壷などが発掘された。

一方、古代エジプトで最も繁栄した時代のファラオであるツタンカーメン王の墓地にある縦穴からは、12個ほどの遺物しか見つからなかったという。

メネキブネカウの縦穴は「ミイラ化のプロセスを詳述した古代の文書がないだけに、すばらしい情報を提供してくれた」とエスモントは言う。

「チェコの研究者チームによる今回の発見は、大きな可能性を秘めている。バルタ教授の言うように、防腐処理の一連の流れを解明できるかもしれない」

墓地を上空から捉えた写真。左側に防腐処理用縦穴のの入り口があり、その右隣にまだ発掘されていない埋葬室がある。

墓地を上空から捉えた写真。左側に防腐処理用縦穴のの入り口があり、その右隣にまだ発掘されていない埋葬室がある。

Archive of the Czech Institute of Egyptology, photo Peter Košárek

今回発掘された防腐処理用の縦穴のサイズは約5メートル四方、深さ約15メートルで、バルタによると異常なくらい大きいという。縦穴に隣接する埋葬室も広大であり、約14メートル四方で深さは20メートル以上となっている。

この埋葬室はまだ発掘されておらず、誰が埋葬されているのかよく分かっていない。

しかし、墓がある場所や防腐処理用縦穴の豪華さから、紀元前6世紀頃の最高位の要人が埋葬されていると考えられている。おそらくファラオに近い男性の神官や将軍、あるいは官僚であっただろうとバルタは言う。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み