無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


Z世代の半数以上が「その日暮らし」…最新の調査で。家賃や食料品の高騰が直撃

ますます多くのZ世代がその日暮らしになっている

Z世代は経済的な厳しさを感じている。

Alexi Rosenfeld/Getty Images

  • Z世代の65%がその日暮らしの生活であることが、最新の調査でわかった。
  • 2021年5月の調査の55%から、その割合が増えている。
  • これはインフレの影響を反映したもので、Z世代は高騰する家賃や物価に苦しんでいる。

Z世代の口座残高は、日ごとに少なくなっている。

3000人以上のアメリカ人を対象にしたPYMNTSとLendingClubによる最新の給料に関する調査報告書によると、半数以上(65%)のZ世代が、2021年12月はギリギリの生活だったと回答した。2021年5月の調査で同様に回答した人は55%で、その割合が増えている。

Z世代のような若い世代は、家などの高額の買い物を行うライフステージにあるミレニアル世代に次いで、ギリギリの生活を送っている。Z世代で最年長の人でもまだ社会に出たばかりで、給料も少ないので、Z世代がお金がないと感じるのは当然だろう。だが、お金がないと感じるZ世代の割合の増加は、生活の高騰を示唆していると考えることもできる。

PYMNTSによる調査の前に、インフレが過去40年で最も早いスピードで進み、30年ぶりの高水準に達した。これは全世代、特に団塊の世代に影響を及ぼしているが、若い世代もこれまでとは異なる状況に直面している。

「現在のインフレで、すべての世代の消費者にとって、ガス、食費、家賃などの必要不可欠な経費をまかなった上で、貯蓄や緊急時に備えた資金計画を立てることが困難になっている」と、報告書には書かれている。

「その日暮らしの若い消費者は、これから子どもを持つ可能性が高く、貯蓄が少なく、緊急用の費用に回すお金が少ない」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み