無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「ウクライナにパニックを引き起こしている」…中国政府、アメリカのロシア制裁を非難

中国外務省の華春瑩報道官。

中国外務省の華春瑩報道官。

Artyom Ivanov/TASS/Getty Images

  • 中国は2月23日、アメリカがウクライナを「パニックに陥れた」と非難した。
  • 中国外務省の報道官は、ロシアに対するアメリカの制裁措置を批判した。
  • 中国は、過去1週間を含め、アメリカに対して制裁措置を発することがある。

中国政府は2022年2月23日、アメリカのバイデン政権が、ウクライナをめぐってロシアに制裁を加えたことで「パニックを引き起こし」、緊張を高めたと非難した。

中国外務省の華春瑩報道官は記者会見で、「アメリカはウクライナに武器を送り、緊張を高め、パニックを起こし、戦争の可能性を誇張して伝えている」と述べた。

「ここで重要なのは、現在のウクライナを取り巻く緊張の元凶であるアメリカがどのような役割を果たしたかということだ」と華報道官は述べた。

「火に油を注ぎ続けながら、他人が火を消すために最善を尽くしていないと非難するならば、その行動は明らかに無責任で不道徳だ」

「中国はアメリカ、イギリス、欧州連合(EU)とともに、ウクライナへの侵攻を理由にロシアに制裁を加えるのか」という記者の質問に対して、華報道官は「中国政府の方針について基本的な知識が不足しているようだ」と答えた。

「我々の立場は、制裁は問題を解決するために有効な手段ではないというものだ。我々は一貫してすべての違法な一方的制裁に反対している」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular