無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「景気後退でも利益確保」米ヘッジファンド選好「VIPリスト」上位20銘柄。ゴールドマン・サックス最新分析

621608b945889c0019d1d89d

ヘッジファンド各社は厳しい市場環境でも善戦、マイナスリターンを最小限にくいとどめている。ゴールドマン・サックスが各社の保有株式を分析したところ……。

Andrew Burton/Getty Images

物価と金利の上昇が株式市場のリターンにもたらす影響をめぐり、投資家たちが懸念を募らせている。

米連邦準備制度理事会(FRB)が2022年中に数度の利上げを計画していることから、将来の業績ポテンシャルをベースに価値が決まるグロース(高成長)株に見切りをつけ、ファンダメンタルズ(=経済の基礎的要因)との関係が深く価格決定力を持つ銘柄が多いバリュー(割安)株に資金を移す動きが加速している。

一方、消費者はすでに危機を実感している。エネルギー価格の急騰が主因で、原油(WTI原油先物)価格は2月に入って1バレル90ドル超の高水準で推移。2月24日にはロシアがウクライナに軍事侵攻したことを受け、一時は2014年7月以来となる1バレル100ドルを突破した。

そうした動きを尻目に、ヘッジファンド各社はグロース株からバリュー株へのシフト、いわゆる「グレート・ローテーション」を先取りする形で動いてきた。

米グローバルマクロ系ヘッジファンド、クレスキャット・キャピタル(Crescat Capital)のケビン・スミス創業者兼最高投資責任者(CIO)は、2022年1月に割高なハイテク株を中心に株価急落が起きることを、2021年時点で予測していた。

グレート・ローテーションとは、投資家はメガテック株のように割高でロングデュレーション(=資金回収に時間がかかる)金融資産を嫌い、日々の経済活動で実際に使われるモノやサービスにかかわる銀行株やエネルギー株のような割安資産への配分を優先するという考えを軸にした動きだ。

米国大型株の動向を示すS&P500種株価指数は、52週高値に比べて約12%下落、ハイテク株が多いナスダック総合指数は同約20%の下落を記録している(いずれも2月24日終値ベース)。

一方、S&Pピュアグロース株価指数は2021年11月に記録した過去最高値から22%下落したのに対し、同バリュー株価指数の下落幅はわずか5%にとどまっている。

米金融大手ゴールドマン・サックスは最新レポート(2月22日付)のなかで、2021年第4四半期(10〜12月)に米証券取引委員会(SEC)に提出された株式保有報告書類(13F)を分析し、ヘッジファンド各社がエネルギーや金融などバリュー銘柄の多いセクターへの資金シフトを進めていることを明らかにしている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular