無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


電気自動車が走行コストでガソリン車に追いつくのは、早くても2025年

フォードのマスタング・マッハE 2021。

フォードのマスタング・マッハE。

Tim Levin/Insider

  • 電気自動車(EV)は、1回の充電での走行距離が大きく向上してきている。
  • ただし、最新の分析によると、1マイルあたりの小売価格では、まだガソリン車に遅れをとっている。
  • 近年のトレンドが続くなら、EVは2025年頃にガソリン車に並ぶ可能性があるが、まだ大きな課題が残っている。

10年前、テスラ以外の平均的な電気自動車(EV)では、ニューヨークからフィラデルフィアまでの95マイル(約152km)を充電のために止まることなく走ることはできなかった。

だが現在のEVなら、フィラデルフィアや225マイル(約362km)の距離にあるワシントンD.C.まで走破することが可能だ。 それに対し、ガソリン車は満タンで平均395マイル(約635km)を走行できる。

エコノミストのマイケル・プランテ(Michael Plante)とアナリストのショーン・ホワード(Sean Howard)は、EVとガソリン車を同じ基準で比べるため、小売価格を航続距離で割り、1回の給油・充電で走れる1マイル当たりのコストを算出した。

※プランテとホワードはダラス連邦準備銀行で働いているが、今回のレポートは銀行の見解ではない。

その計算によると、2012年の中間価格帯のEVは、航続距離1マイルあたりのコストが554ドルだったが、2021年は214ドルとなり、半分以下に減った。業界トップの航続距離であるために別で計算したテスラ(Tesla)は、2012年は352ドルで、2021年は173ドルになった。ガソリン車は過去10年間通して104ドル付近で大差なく、テスラを含めてEVはガソリン車に依然として遅れをとっている。

彼らは賢明にもこの指標でEVがガソリン車と並ぶ時期の予測を行っていないが、データからの推定では、最も早くて2025年頃だと思われる。

しかし、この予測は懐疑的に見たほうがいいだろう。

EVメーカーが、航続距離を伸ばして価格を下げ、消費者がガソリン車に期待する水準になるためには、多くの優秀な人材が必要だ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み