無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


3月中に株価回復「地政学的イベントによる弱気相場は短期的」資産運用大手RIA、業界歴26年の専門家予測

市場 弱気センチメント

株式市場の弱気センチメント(心理)はそう長くは続かないというのが、米資産運用会社RIAアドバイザーズの最高投資責任者(CIO)ランス・ロバーツの見方だ。

REUTERS/Andrew Burton

景気動向を示す重要な指標である2月分の米雇用統計が発表された3月4日朝、非農業部門の就業者数は市場予想を大幅に上回る67万8000人増を記録したにもかかわらず、S&P500種株価指数は前日終値比で1.5%下落して始まった。

株式市場はそのくらい悲惨な状況だ。

投資家たちは2月24日に始まったロシアのウクライナ軍事侵攻に大きな衝撃を受け、市場ではその後も動揺が続いていた。そして、雇用統計発表のその日、欧州最大級のザポロジエ原発で砲撃が原因とみられる火災が発生、直後にロシア軍が同原発を制圧したことが明らかになり、状況はさらに悪化した。

それでも、市場の弱気センチメントはそう長くは続かないというのが、米資産運用会社RIAアドバイザーズの最高投資責任者(CIO)で業界歴26年のベテラン、ランス・ロバーツの見方だ。

地政学的イベントが引き起こす株式市場の下落は比較的短く終わることを、過去のデータは示している。したがって、3月には株価が上昇に転じる「可能性が高い」とロバーツは分析する。

ただし、投資家は強気相場への急転換に目をくらまされてもいけないという。弱気相場のリスクはまだ残っているからだ。

「株価が反発に転じると、すぐに『おお、助かった、調整局面は終わりでここから先は強気相場だ』と思いこむ投資家が多く、それこそがリスクなのです」

ロバーツが3月に株価上昇を予測する理由のひとつは、米個人投資家協会(AAII)が算出するセンチメント指標に表れる弱気姿勢だ【図表1】。センチメントはコントラリアン(=逆張り投資家)の動きを示す指標にもなり得る。

図表1

【図表1】米個人投資家協会(AAII)が毎週調査して算出するブル(強気)ベア(弱気)指数の推移。足もとでは圧倒的な弱気(=縦軸の下方向)に振れている。

Goldman Sachs

(株価上昇予測につながる)足もとの弱気センチメントを示すもうひとつの動きが、ここ数週間のオプション市場におけるS&P500種のプット(売り権利)取引の増加だ【図表2】。

図表2

【図表2】プットオプション取引残高(想定元本)の5日移動平均の推移。

Goldman Sachs

プットオプションの買い手は相場下落によって利益を得る立場で、それを含む取引額は(コロナ拡大前の)2020年3月を上回っている(ゆえに強気相場への期待は薄い)。

「ポジションが逆転すれば、かつてない水準まで取引残高(想定元本)を積み上げたプットオプションが、3月の株価上昇の燃料となるでしょう」(ロバーツによる2月28日付コメント)

ロバーツはまた、2011年以降の市場リターンの40%を生み出してきた自社株買いが高止まりしていることからも、株価回復が期待されると指摘する【図表3】。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular