無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


TikTokもライブ配信などを停止…ロシア「フェイクニュース法」で報道機関に影響

TikTokは、RT(1段目の左から2番目のアイコン)などのロシアに支援された報道機関をEU圏内で自社プラットフォームから追放すると発表した。

TikTokは、RT(1段目の左から2番目のアイコン)などのロシアに支援された報道機関をEU圏内で自社プラットフォームから追放すると発表した。

Fernando Gutierrez-Juarez/picture alliance via Getty Images

  • TikTokは2022年3月6日、ロシアにおけるすべてのライブストリーミングとコンテンツ共有を停止すると発表した。
  • この方針は、ロシア当局が「虚偽」とみなしたコンテンツを共有すると投獄される恐れがある「フェイクニュース法」へ対応したものだ。
  • この法律が制定された後、いくつかのメディア組織がロシアからサービスを撤退したことを受けて、今回の措置がとられた。

TikTokは、ロシアで2022年3月4日に可決された「フェイクニュース法」に対応し、ロシアでのライブストリーム配信とコンテンツ共有をすべて停止した。この法律の下では、当局が虚偽の情報と見なすものを共有すると投獄される恐れがある。

TikTokは3月6日、ウェブサイトでこの発表を行い、自らを「人々が計り知れない悲劇と孤立に直面している戦闘の中で救済と人のつながりを提供する存在」だと考えているが、この法律が施行されればロシアでのコンテンツを停止する以外「選択肢がない」と述べた。

「当社の最優先事項は、当社の従業員とユーザーの安全であり、ロシアの新しいフェイクニュース法を考慮すると、この法律の影響を検討する間、ロシアにおける当社の動画サービスへのライブストリーミングと新しいコンテンツ配信を停止せざるを得ない」と同社は述べている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み