無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウクライナ侵攻で孤立化するロシア… 経済にとって最大の問題は「頭脳流出」か —— 経済学者が指摘

ロシア

Kirill Kukhmar/TASS via Getty Images

  • ウクライナ侵攻に対する西側諸国の制裁で、高い教育を受けた中流階級の人々がロシアを離れる可能性が高いと、経済学者は指摘している。
  • こうした頭脳流出は、ロシア経済にとってマイナスになるだろう。
  • ある経済学者は、ロシアは制裁によって経済発展が損なわれたイランのようになるかもしれないと話している。

"ロシアを去りたいかどうか"は問題ではないと、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の経済学教授オレグ・イツコキ(Oleg Itskhoki)氏はInsiderに語った。問題は"いつ去るか"とそれが"できるかどうか"だという。

「ロシアを去りたがっている人は今、たくさんいます。ただ、制裁の影響で移動には厳しい制限があります」とイツコキ氏は話した。

「そのため、ロシアを去ろうとする人が増えていても、実際に去ることができる人は少なくなっています」と同氏は付け加えた。

「こうした動きは高い教育を受けた、情報に通じた人々に顕著です」

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、西側諸国はさまざまな制裁を課し、ロシアは孤立化し、財政的に制約を受けている。外国政府はロシア人を物理的にも孤立させている。少なくとも33の海外の航空会社がロシアへのフライトを取りやめ、ヨーロッパの大半の国がロシアの飛行機に対し、自国の領空の飛行を禁止している

こうした中、数千人のロシア人がこの1週間で国外へ脱出したと、テレグラフは報じている。そのほとんどは、高い教育を受けた都会に住む中流階級といった、金銭的に余裕のある人々だ。ただ、こうした人々に対し、ロシアは1万ドル(約116万円)以上の持ち出しを禁止している —— 人と金を国内にとどめておくためだ。

これはロシアが長年、頭を悩ませてきた問題だ。ロシアの「頭脳流出」は、高い教育や訓練を受けた多くの人々が東南アジアや東ヨーロッパ、アメリカといった海外へと移住する形で起きている。シンクタンクのアトランティック・カウンシルによると、2019年の時点でプーチン氏が大統領に就任して以来、200万人もの人々がロシアを去っていて、その多くは起業家やクリエイター、研究者だという。

経済学者たちは、ロシアのウクライナに対する軍事行動とそれに続く西側諸国による制裁が、この問題を長期的に悪化させるだろうとInsiderに語っている。そして、頭脳流出と孤立化によって、ロシアの近年の発展が無に帰す恐れがあるという。

ロシア経済の見通しについて、ペンシルベニア大学の経済学教授ニコライ・ルサノフ(Nikolai Roussanov)氏は「長い目で見れば、頭脳流出がロシアにとって最大の問題になる可能性があります」とInsiderに語った。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み