無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


アップルの最新「iPad Air(第5世代)」は最もコスパ高いiPad…中身は“ほぼPro”だ

iPad Air発表

アップルは「iPad Air(第5世代)」を発表した。

出典:アップル

アップルは3月8日(現地時間)、新型タブレット「iPad Air(第5世代)」を発表した。

直販サイトでの予約開始は3月11日午後10時から、発売日は3月18日(いずれも日本時間)。直販価格(税込)は以下の通りだ。

  • iPad Air(第5世代)64GB/Wi-Fiモデル……7万4800円
  • iPad Air(第5世代)256GB/Wi-Fiモデル……9万2800円
  • iPad Air(第5世代)64GB/Wi-Fi+Cellularモデル……9万2800円
  • iPad Air(第5世代)256GB/Wi-Fi+Cellularモデル……11万800円

発表会全体の解説はこちら。

撮影:Business Insider Japan

Apple M1+「ウェブ会議に便利なカメラ」搭載

Airの概要

iPad Air(第5世代)の概要。カラーバリエーションは、スペースグレイ、スターライト、ピンク、パープル、ブルーの5色。

出典:アップル

iPad Air(第5世代)の最大の特徴は心臓部であるチップセットだ。昨今のMacやiPadの最上位モデルである「iPad Pro」と同等の「Apple M1」チップを搭載する。

アップルによると、第5世代Airは第4世代Air(2020年10月発売)と比較して、処理性能は最大60%高速化、グラフィックス性能は最大2倍の速度に向上しているという。

性能向上の恩恵は、「Adobe Lightroom」での写真加工や3Dグラフィックを多用したゲーム、「iMovie」を使った映像編集といったクリエイティブ作業などに生かされる。

10.9インチ2360×1640ドット解像度のLiquid Retinaディスプレイ、外部カメラなどとも繋ぎやすいUSB Type-Cポート、側面ボタンの指紋認証「Touch ID」、第2世代Apple Pencil対応などの部分は、第4世代Airから引き継がれている。

Center Stage

センターフレームは複数人がカメラの前に集まっても自動的に画角を調整してくれる。

出典:アップル

チップセット以外で異なる点としては、正面カメラがあげられる。

正面カメラは第4世代Airが7MPのFaceTime HDカメラだったのに対し、第5世代Airは12MPの超広角フロントカメラを搭載。最新のiPad Proやminiでも採用された、被写体を自動的に画角に収める「センターフレーム」(アメリカではCenter Stageと呼称)も利用可能になった。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み