無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


フォルクスワーゲン「ID.4」試乗レポート…快適な電動SUVだが、欠けているものも

フォルクスワーゲンの電動SUV「ID.4」に試乗した。

フォルクスワーゲンの電動SUV「ID.4」に試乗した。

Tim Levin/Insider

  • 4万ドルの電動SUV、2021年式フォルクスワーゲン「ID.4」に試乗した。
  • 十分な航続距離と快適な室内、そして3年間の無料充電が売りだ。
  • しかし、ID.4には「フランク」と通常の物理的なボタンが欠けている。

ガソリン価格の高騰や魅力的な新型車の登場で電気自動車(EV)への乗り換えを検討する消費者が増えている。しかし、バッテリーを搭載した車種が増えたことで、何を買うべきかの判断がこれまで以上に難しくなっていることも確かだ。

2021年、我々は最も人気のあるEVの一つ、4万ドルの2021年式フォルクスワーゲン「ID.4」をテストする機会を得た。フォルクスワーゲン(VW)のアメリカ向け初の電気SUVは、十分な航続距離と手に入れやすいEV体験を実現しているが、問題がないわけではありません。

我々が乗った2021年式のID.4 AWD Pro Sは、価格が5万ドル強のモデルだ。VWは2022年モデルに対していくつかの変更を行ったが、我々が感じた長所と短所はそのままだ。

長所:十分な航続距離

フォルクスワーゲン「ID.4」

Tim Levin/Insider

ID.4は試乗した2021年モデルですでに十分な航続距離を示していたが、VWは2022年モデルでID.4のラインアップ全体の航続距離を強化した。最も安価な後輪駆動モデルは、EPA評価で260マイルから280マイル(約418kmから450km)を獲得するようになった。全輪駆動を選択しても、最大航続距離は251マイル(約404km)だ。

同じ価格帯の他の電動SUVと比較しても、これは立派なものだ。EPAによると2022年モデルのフォード・マスタング マッハEの航続距離は247マイル(約397km)だ。

長所:乗り換えを意識させない

フォルクスワーゲン「ID.4」

Tim Levin/Insider

内外装ともにID.4はライバル車、特にテスラよりも親しみやすく感じられるだろう。人気の高いガソリンエンジン搭載のクロスオーバー車のようなスタイルで、ミニマリズムやハイテクを追求することなく、快適なインテリアを実現している。

アクセルを踏み込むと、キビキビとした印象だが、マスタング マッハEなどのスポーティなEVのような衝撃を受けることはない。同様に、スロットルから足を離すと自動的に減速し、「回生ブレーキ」と呼ばれるプロセスを通じてバッテリーを充電するが、他の電気自動車ほど強いブレーキをかけることはない。VWは、ID.4が普通のSUVのように惰性で走ることが、ガソリン車に慣れた消費者を混乱させないために重要だったと話している。

ガソリン車からの移行をスムーズに行える電気自動車のSUVをお望みなら、ID.4はぴったりかもしれない。

長所:テスラ モデルYやマッハEより安い

ID4

im Levin/Insider

2021年モデルのID.4は約4万ドルからで、マッハEより数千ドル、アメリカで最も人気のある電動SUV、テスラモデルYより1万9000ドルも安い。ID.4の2022年モデルは4万760ドルからとなっている。

長所:無料で充電できる

id4-5

im Levin/Insider

3年間限定ではあるが、VWはElectrify Americaのステーションでの高速充電が無料になるという特典で顧客を誘っている。VW傘下のElectrify Americaは、テスラに勝るとも劣らないアメリカで第2位のEV充電ネットワークを持っている。

短所:フランクがない

id4-6

Tim Levin/Insider

ID.4には、電気自動車で人々が愛するもののいくつかが欠けている。一つはフランク(前方のトランク)だ。多くのバッテリー駆動の車両は、ボンネットの下の通常はエンジンによって占有されるスペースを貨物エリアとして利用する。これは、すべてのテスラ、マッハE、その他の多くの電気自動車に装備されている。 大したことではないかもしれないが、ID.4にはフランクはない。

短所:ちょっとイライラするボタン

id4-7

Tim Levin/Insider

音量、空調、その他の重要な機能について、ID .4はクリックではなくタップする種類のタッチセンサーボタンに依存している。この種のボタンは見た目はクールだが、車の中ではあまり意味がない。それらは完璧なまでに滑らかなので、道路から目をそらさずに何をタップしているのかを理解するのはほぼ不可能だからだ。

[原文:I drove the $40,000 Volkswagen ID.4. Here are 6 pros and cons to consider before buying the electric SUV.

(翻訳、編集:Toshihiko Inoue)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み