無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


台湾はウクライナの対ロシア戦術に学んでいる…「非対称戦争」に備えて

台湾軍の式典で演説する邱国正国防部長。2021年12月28日、台北で。

台湾軍の式典で演説する邱国正国防部長。2021年12月28日、台北で。

REUTERS/Annabelle Chih

  • ウクライナ侵攻が起こったことで、中国も近いうちに台湾を武力で奪うつもりなのではないか、という憶測が広がっている。
  • 台湾は「非対称戦争」に向けて、ウクライナでの戦争を研究している。
  • ただし台湾の国防部長は、通常と異なる中国軍の配備は確認していないと述べている。

台湾は「非対称戦争(軍事力が大きく異なる当事者間の戦争)」に備えて、ウクライナ人がロシアの侵略をどのように抑えているかを研究していると、邱国正国防部長は2022年3月10日、同国の国会議員に向けて語ったという。

同氏は、議会でウクライナ侵攻の影響に関して報告し、その後の会見で「台湾軍は、ウクライナ軍がいかにして自国が戦場となったことの優位性や認知戦(メディア等を利用して人間の認知領域に働きかける新たな戦争形態)の経験を活用しているのかを研究しており、その学びを非対称戦争の計画に取り入れようとしている」と述べたと、FTVニュースが報じた。

ロシアのウクライナ侵攻以来、台湾を自国の領土と主張する中国が、この機会に台湾を攻撃するのではないかという憶測が広がっている。

中国台湾はともに、ウクライナ侵攻と台湾の問題は関係ないと強調し、両政府の代表は、これらを比較するのは不適切だと述べている。

一方で、台湾の呉釗燮外交部長は、ウクライナの抵抗を「権威主義的な権力からの脅威や強制に直面している台湾の人々にインスピレーションを与えるもの」と述べている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み