無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「FIREよりFIRO(いつでも退職)」年収1000万円の27歳データアナリストが、副業でも1000万稼ぐ方法

ハイルブロン氏

27歳のエイブリー・ハイルブロンは「30歳までに月収600万円」が目標だという。

Courtesy of Avery Heilbron

2018年に大学を卒業し、ボストンの保険会社でデータアナリストとしてフルタイムで働き始めたエイブリー・ハイルブロン(Avery Heilbron)は、仕事の前後に自由に使える時間があることに気づいた。その時間を埋めるために、以前から興味のあったパーソナルファイナンスに関する書物を読み始めた。

スコット・トレンチ(Scott Trench)の『Set for Life(未訳:人生に必要な準備)』やカイ・アンダーソンの『Retire on Real Estate(未訳:不動産でリタイアする)』を読んだハイルブロンは、特にアンダーソンの本がきっかけとなって不動産投資を始めた。

「あの本を通して、不動産を投資や退職後の生活の糧にするという考え方が育まれたのです」

現在、27歳のハイルブロンは合計3軒の不動産を所有している。ボストンに2軒、現在住んでいるノースカロライナ州ダーラムに1軒だ。Insiderは、事実確認のために住宅ローン書類も確認した。

ハイルブロンは、本業である保険会社のデータアナリストとして、2021年には税引き前で9万5000ドル(約1140万円、1ドル=120円換算)の高給を得ている。

同時に、副業として不動産による家賃収入に加え、YouTubeやTikTokなどへの動画投稿、そしてパーソナルコーチングビジネスを収入源とし、約11万5000ドル(約1380万円)の収入を得ている。そのうちの大半、10万6000ドル(約1272万円)は不動産収入だ。

「理論的には、現在の投資によって、経済的自由を手に入れることができました。いつ仕事を辞めても生活できます」

とハイルブロンは話す。実際、収入の80%以上を貯蓄と投資に回しているという。しかし、ハイルブロンは決して「FIRE」(経済的自立、早期退職。Financial Independence, Retire Earlyの略)がしたい訳ではない。

「会社勤め自体は辞めたいですけど……。辞めたら辞めたで、次は何をすればいいのか分かりませんからね。さすがに一日中自宅の椅子に座っているという訳にもいきませんし」

ハイルブロンが魅力を感じているのはあくまで「FIRO」(経済的自立、選択的退職。Financial Independence, Retire Optionalの略)というライフスタイルだ。「本業はあるが、いつでも退職できる」という選択肢を人生に持つことこそが重要なのだ。

以下では、ハイルブロンが24歳で不動産投資をするために貯めたお金と、副業で1000万円以上稼げるようなるまでに実際にとったプロセスを公開する。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み