無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


LimeWireがNFTマーケットプレイスとして復活…音楽業界団体との訴訟で事業停止から10年

LimeWireは、2010年にピアツーピアのファイル共有サイトとしての業務を停止した。

LimeWireは、2010年にピアツーピアのファイル共有サイトとしての業務を停止した。

LimeWire

  • LimeWireは、10数年前にピアツーピアのファイル共有プラットフォームとしての業務を停止したが、NFTマーケットプレイスとして蘇る。
  • NFTマーケットプレイスの運営は5月に開始され、現在は参加予約の受付中だ。
  • ブルームバーグによると、オーストリア人の起業家兄弟が廃業したLimeWireの事業の権利を購入した。

LimeWireが音楽その他のデジタル・エンターテインメントのファイル共有プラットフォームとしての事業を閉鎖してから10年以上経過した。今はNFTのマーケットプレイスとして再出発する準備を進めている。

同社は2022年3月9日 、5月に稼働するNFTマーケットプレイスへの参加希望者向けにウェイティングリストを設けたと発表した。このサイトでは、以前の事業でも扱っていた音楽関連の資産の売買が可能となる。

LimeWireは2010年、アメリカ連邦地方裁判所が発した同社の音楽ファイル共有を禁じる恒久的な差し止め命令を受けて事業を停止した。この命令は、2006年に全米レコード協会(RIAA)が起こした著作権侵害の訴訟によるものだ。

LimeWireは3月9日、音楽業界の主要アーティストとの提携を通じて、初年度で100万人のユーザーをNFTプラットフォームに呼び込むことを目指すと発表した。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み