無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ストレスの蓄積を止めるために「リセット」を…アリアナ・ハフィントンが開発したバーンアウト予防法

アリアナ・ハフィントン

アリアナ・ハフィントンは、2007年に燃え尽き症候群で倒れ、頬骨を骨折した。

Nicholas Hunt/Getty Images for Klick, Inc.

  • アリアナ・ハフィントンは、コールセンターの従業員がストレスを少なく感じられる新しい方法を開発した。
  • 呼吸法や引用句を唱える、犬の写真などを使った60~90秒間の「リセット」だ。
  • これは燃え尽き症候群の影響に対処するのではなく予防法だと、ハフィントンはInsiderに語った。

画面のまわりを動く拍動する円にあわせて、前後に揺れる。息を吸って、ゆっくり吐くように指示される。1分後、穏やかな女性の声がこうささやく。

「あなたはリセットされました」

これはアリアナ・ハフィントン(Arianna Huffington)の最新の燃え尽き症候群(バーンアウト)予防法だ。呼吸法やストレッチ、心を動かす言葉などが含まれた60秒から90秒のマイクロインターベンションで、仕事の中で徐々に蓄積されるストレスのサイクルを断ち切ることを目的としている。

ハフィントンは、メディア企業「ハフィントンポスト(現ハフポスト)」を創業し、ウーバーなどの役員を務めたことで知られている

彼女は、2007年にオーバーワークによってデスクに倒れて頬骨を折って以来、バーンアウト問題について声をあげてきた。2016年には、健康コンサルティング企業スライブ・グローバル(Thrive Global)を設立している。

彼女の新しい方法「スライブ・リセット(Thrive Reset)」は、クラウドソフトウェア企業のジェネシス(Genesys)と共同開発したもので、コールセンターで働く労働者を対象としている。

「ストレスはどんな仕事でも避けられるものではない。だがワークフローに60秒から90秒の休憩を組み込むことでストレスの蓄積を回避できる」と、ハフィントンはInsiderに語った。

このテクニックは、スタンフォード大学のソーシャルサイエンティストで、『Tiny Habits: The Small Changes that Change Everything』の著者であるB.J.フォッグ(B.J. Fogg)の研究にもとづいたものだという。

雇用主は、このソフトウェアを起動させる「きっかけ」を決められる。例えば、長時間通話した後や、上司へ電話しなければならないとき、休みなく電話に対応し続けているときなどだ。そして従業員には、画面やイヤホンから知らされる。

ハフィントンは、彼女自身のリセットの例を挙げた。子どもや犬の写真、さらに仏教の僧侶、ペマ・チョドロン(Pema Chodron)の言葉などをイメージするという。だが彼女は、リセットには人それぞれにいくつかの方法があり、そこから選べばいいと言う。

その方法が個人のワークフローに組み込まれていれば簡単に実行できると、ハフィントンはInsiderに話した。また、これは予防的に設計されているという。

「多くの対応は、何かが起きた後に行われる。それに対処するよりも、まず先を見越してバーンアウトを防ぐことが我々の目的だ」とハフィントンは述べている。

さらにこの方法は、フォーチュン企業10社で試験的に導入され、ストレスレベルの軽減と離職率の低下に繋がったと、彼女は付け加えた。

実際にやってみると、少しぎこちない感じもしたが、特にストレスを感じていない時期にコールセンターではないところで行ったからかもしれない。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み