無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


欧州で急増するオミクロン株BA.2系統…ワクチン接種率の低いアメリカにも新たな波が到来か

欧州の最新データはCOVIDの新たな波を予想

ドイツのドレスデンで。2022年3月16日撮影。

Sebastian Kahnert/Getty Images

  • オミクロン株のBA.2系統により、ヨーロッパの国々でCOVID-19患者が急増している。
  • 免疫力の低下と制限の緩和によって、アメリカやその他の国でも簡単に感染が拡大しかねない状況にある。
  • これまでも、ヨーロッパの感染者急増に続いて、同じような感染の波がアメリカにもやってきている。

ヨーロッパのおよそ12カ国でオミクロン株のBA.2系統による感染が急増しており、アメリカの公衆衛生の専門家が今後数週間でアメリカでも同じような感染の波がくると予測していることを、ワシントン・ポストが2022年3月16日に報じた

100万人あたりの感染者数は、ヨーロッパの多くの国で増加しており、特に最近の感染例が多いのはオーストリア、オランダ、スイス、ドイツだ。

医師で作家のエリック・トポル(Eric Topol)は3月13日、上昇を見せるOur World in DataのグラフをTwitterに投稿した。

ヨーロッパに次の波が到来している。

専門家はワシントン・ポストに対し、オミクロン株BA.2系統は元のオミクロン株よりも感染力が強く、ヨーロッパでの感染者や入院者数の急増に拍車をかけていると述べた。

トポル医師は別の投稿で、パンデミックの規制緩和と、ワクチンによる免疫力の自然な低下によって、新しい変異株の感染が広がっているとしている。

オミクロン株BA.2系統についてわかっていること

最新のデータによると、オミクロン株BA.2系統は、以前のオミクロン株より感染力が1.5倍高いと見られるが、この新しい変異株がより重症化しやすいというエビデンスはない。

BA.2系統はBA.1系統より追跡が難しいとする報告もある。科学者は、BA.2系統にはない特定の遺伝子変異を見つけることで、元のオミクロン株の広がりを追跡した。

BA.2系統もCOVID-19のPCR検査で陽性を示すが、新しい感染例をオミクロン株の種族に結びつけるには、さらなる遺伝子解析が必要だ。

アメリカでも同じことが起きると専門家は考えている

アメリカ疾病対策予防センター(CDC)では、BA.2系統の感染例について、他のオミクロン亜種と比較して追跡しているが、今のところ警告は発していない。

アメリカのCOVID-19の新規感染者数と入院者数はここ数週間で減少しており、BA.2系統による感染者数の割合は増えている。3月12日の時点で、アメリカの新規感染者の約4分の1がBA.2系統によるものだとCDCは見ている。

だがこの亜種はすでに、アメリカ北東部などの一部地域で広まっている。ニューヨーク州、ニュージャージー州、プエルトリコ、ヴァージン諸島では感染者の39%がBA.2系統によるもので、ニューイングランドもそれに近いと、ロイターが報じている

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み