無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


BMWの電動スポーツセダン「i4 M50」試乗レポート…EVでも「M」らしさは健在

62193173aa07b20019fa14f4

BMW i4 M50

BMW

  • BMW i4 M50は、BMWの新しい電動スポーツセダンだ。価格は6万5900ドルからで、ベースモデルとなるi4は5万5400ドルから。
  • i4の外観と装備は、電気を動力源とする驚異的な走りを除けば、ガソリン車であるBMW4シリーズに似ている。
  • ラジカルではなくノーマル、それがこのEVを選択する理由になるだろう。

BMWの電動化へのシフトは順調に進んでいる。同社は従来の多くの車種にハイブリッドモデルを提供するだけでなく、フル電動車のラインアップも充実させている。SUVのiX3とiXはその出発点にふさわしいものだったが、6万6000ドル(約784万円)の新型i4 M50は、BMWが自動車愛好家を喜ばせるための電動スポーツセダンへの初挑戦となる。

「BMW i4」は既存モデルを電動化したもの

電動車のi4は離れて見ると、ガソリンエンジンを搭載した4シリーズ グランクーペのような、スタイリッシュな車だ。現行の4シリーズの外観は、発売当初はマスコミや一般からの批判を浴びたが、慣れ親しんだためか、その印象は和らいでいる。しかし、ガソリン車とEVでは微妙な違いがある。EVのグリルはクローズド・タイプとなり、サスペンションも変わり、テールパイプは無く、シートも新しくなり、EVの土台となる部分のスペースを生むためにフロアも新しくなっている。もちろん「i4」のバッジも付いている。

BMW i4 M50

BMW i4 M50

BMW

内装は、BMWのような高級車に期待される洗練された操作系、明るいディスプレイ、豪華な質感など、そのすべてを備えている。しかしこの電動4シリーズには、ライバルを意識してか、ガソリン車の兄弟車にはない、巨大なタッチスクリーンが新たに搭載されている。全体としては、少なくともi4に関しては、BMWは伝統的なモデルを電動化することで、外観や雰囲気を大きく変えたりして「同じだけど違う」車を求める購入者を遠ざけてしまうようなことはしていない。

「i4 M50」という名前の「M」の部分が重要だ。これはBMWの「M」部門、つまりBMWの主要ラインナップのうち、高速で完成度の高い、エンスージアスト向けバージョンの開発者たちがチューニングを担当したことを意味している。

しかし、これは「本物の」Mではない。もしそうなら「Mi4」と呼ばれていただろう。「M」モデルとノーマルモデルの中間的な位置づけの「Mパフォーマンス」だ。

62193172d80ca400192d34b4

BMW i4 M50

BMW

M50は83.9kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、前後に1つずつモーターを配置した全輪駆動で、最大544馬力、最大トルク794Nmを発生する。BMWによると停止状態から3.9秒で時速62マイル(約100km/h)に達し、最高速度は時速140マイル(約225km/h)に制限されているという。

アメリカ環境保護庁(EPA)による航続距離は245マイル(約395km)で、適切な充電器を使用した場合、30分で10%から80%の充電が可能。BMWのMのチームは、Mシリーズ車が普通そうであるように、ハードな運転にも対応できるようにサスペンションにも手を入れている。

62193172aa07b20019fa14f1

BMW i4 M50

BMW

さらに、M専用の「スポーツ・ブースト(Sport Boost)」モードが搭載されており、ボタンを押すと車の性能が最大限に発揮される。モーターが1つで硬いスプリングがないノーマルのi4は、速さでは劣るが、その分、航続距離が伸びる。

快適で親しみやすいi4のドライビング

BMWは4シリーズのレシピを大きく変えていないので、始動は簡単。ブレーキを踏んで、スタートボタンを押すだけだ。

静かに走り出すと、i4の巨大なインフォテインメント・スクリーンに目が釘付けになる。高解像度で使い勝手がいい。メニューの移動も簡単でやりたいことを選ぶことができる。

62193175d80ca400192d34bd

BMW i4 M50

BMW

BMWは4シリーズの電動バージョンからかなりの数の物理的なボタンを削除し、代わりにタッチスクリーンメニューにその機能を入れたが、これは移動中のフラストレーションにつながる可能性がある。従来のBMW iDriveインフォテインメント・コントローラーも健在で、メディア、ナビゲーション、電話、その他無数のメニューに素早くアクセスできる。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み