無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


バーガーキングがロシアにある800店を閉鎖したいのにできない事情

サンクトペテルブルクのバーガーキング。

サンクトペテルブルクのバーガーキング。

Maksim Konstantinov/SOPA Images/LightRocket via Getty Images.

  • バーガーキングの親会社の社長は、同チェーンのロシアの800店舗を閉鎖したいと考えていると述べた。
  • しかし、バーガーキングのフランチャイズ契約は、一方的にコントロールすることができない。
  • パパジョンズも同じ問題を抱えており、閉鎖に同意しないフランチャイジーがいる。

バーガーキング(Burger King)の親会社、レストラン・ブランズ・インターナショナル(RBI)のデビッド・シェアー(David Shear)社長は2022年3月17日、ロシアの数百店舗を閉鎖したいが、それはできないと従業員に伝えた

「ロシアにおけるすべてのバーガーキングの事業を直ちに停止したいか。イエス。今日、営業停止を強制することは可能か。いいえ。複雑な法的手続きが必要だ」

同社は以前、ウクライナに対するロシアの侵攻を受けて、財政投資、マーケティング、サプライチェーンなどの面で、ロシアの拠点への支援を停止する計画を発表している。

しかし、実際に店舗を閉鎖するのは、それほど簡単なことではない。多くのファストフードチェーンのように、バーガーキングは店舗の大部分を直営ではなく、フランチャイズ契約に頼っている。バーガーキングは15年前にロシアに進出した際、ロシアの法人と提携した。現在、RBIはロシア事業の15%の株式を保有しているだけなので、一方的に全店舗を閉鎖することはできない。完全に撤退しようとすると、ロシア当局の協力が必要になるが、それは 「現実的には実現しないだろう」とシアーは言う。

マクドナルド(McDonald's)は3月8日、アメリカの大手ファストフードチェーンとして最初にロシアから撤退し、他のいくつかの大手チェーンもすぐに追随した。マクドナルドがロシアの全店舗を閉鎖できたのは、その84%を同社が経営・所有していたためだ。つまり、ロシアのほとんどの場所でマクドナルドは従わない可能性のある加盟店に対処する必要がなかった。この所有率は異常に高い。世界的に見れば、マクドナルドの店舗の93%は加盟店によって運営されているからだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み