無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


大坂なおみ、仮想通貨取引所のFTXと業務提携…スポーツと暗号業界の蜜月は続く

スマッシュを打とうとする大坂なおみ選手。

テニスの大坂なおみ選手。

REUTERS/Asanka Brendon Ratnayake

  • 4度のグランドスラム優勝を誇る大坂なおみは、大手暗号資産取引所FTXと提携するスポーツ界のセレブリティに名を連ねることになった。
  • FTXが2022年3月21日に発表したところによると、大坂選手はFTXの株式を取得し、暗号通貨で報酬を受け取るという。
  • 暗号資産の未来により多様な声を反映させるというFTXの目標を、大坂選手がさらに推進してくれるだろうと同社は述べている。

暗号資産取引所のFTXは、4度のグランドスラム優勝を誇るテニス界のスター、大坂なおみ選手と提携した。FTXはそのプラットフォームにより多くの女性を取り込むために、スポーツ界のセレブリティによるマーケティング活動を多様化させている。

FTXが2022年3月21日に発表したところによると、大坂選手はFTXの株式を取得し、アンバサダーとしての報酬を仮想通貨で受け取るという。株式についての詳細や、どの仮想通貨が利用されるのかについては明らかにされていない。

「大坂なおみ選手との提携は、仮想通貨とWeb3の未来により多様な声を反映させるという我々の目標を、さらに推進させることになるだろう」と、同社のサム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)CEOは声明で述べている。

大坂選手は、FTXと提携する最初の女性メジャープロスポーツ選手の1人だ。日本とハイチがルーツということも踏まえながら、世界中の視聴者に向けてコンテンツを制作していく。彼女は、今回の提携の理由の1つに、暗号資産に女性が参入する機会を高めることを挙げている。

「暗号資産の世界への女性の参入は、男性よりも少ないという統計がある。これは、他の金融市場でも見られる不平等を反映しているとも考えられる」と大坂選手は述べている。また、暗号資産は誰もがアクセスでき、参入障壁を取り除くことを目標としてきたことから、その原点に立ち返る必要があるとも述べた。

大坂選手は、暗号資産を普及させて収益化を図ろうとする最初のスター選手ではないものの、この分野に参入する新世代のプロスポーツ選手を代表する存在だ。

テニス界の伝説的存在であるセリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)や、NFLスーパーボウルで7回の優勝を誇るトム・ブレイディ(Tom Brady)も、マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)などのバスケットボール界のスターと同様に、仮想通貨の取引を行っている。一方、大坂選手は若い世代の代表であり、現在もトップクラスのテニスプレーヤーだ。

彼女は近年、コート外での行動でもよく知られるようになった。社会正義の活動を支援する一方で、アスリートが直面する精神的なプレッシャーについて発言している。

長期契約の一環として、FTXは暗号業界の歩き方について大坂選手を指南し、彼女は特定の仮想通貨を取引し、投資することになる。ただし、それがどの通貨になるのかは明らかにされていない。彼女は2021年の夏、ドージコイン(DOGE)に関心を持っているとブルームバーグに語っている

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み