無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


女性にとって「大退職」はよかった? 賃金上昇率は男性を上回っているが…

People quit their jobs in record numbers during the COVID-19 pandemic.

新型コロナウイルスのパンデミック中に、記録的な数の人が仕事を辞めた。

richiesd/Getty

  • 女性の賃金の上昇率は6カ月連続で男性を上回っている。
  • 賃金の上昇は、よりよい機会を求めて仕事を辞めた女性によってもたらされている。
  • その一方で、賃金の低い女性の多くは、育児などのために完全に仕事を辞めなければならなかった。

この1年、女性が大量に離職している。多くの女性はより収入の高い仕事を求めて辞めているようだ。

アトランタ連邦準備銀行の賃金上昇率追跡調査によると、女性の賃金上昇率は、6カ月連続で男性を上回っている。このデータによると賃金が上昇している女性は、よりよい条件を求めて「大退職」に加わっている人たちであるという。彼女たちはより高い賃金を得ているかもしれないが、それは、特に低賃金の女性の離職率が過去最高を記録したことを受けて起こったものである。そのため、このデータはストーリーの一部しか示していない可能性がある。

働いている女性には「大退職」は効果があった

民間調査機関の全米産業審議会(Conference Board)が2022年2月に発表した調査結果によると、過去2年間に転職した女性の約31%は、給与やボーナスなどの報酬を前職の30%以上受け取っていた。これは、同じく報酬が上がったと回答した男性の28%よりも多い。

「女性労働者の方がパンデミックからの回復が不安定だが、成長が期待される産業に集まってきているのも事実だ」と、アメリカ労働総同盟・産業別組合会議(AFL-CIO)のチーフエコノミストであるウィリアム・スプリッグス(William Spriggs)博士は2021年、Insiderのジュリアナ・カプラン(Juliana Kaplan)に話している

「この移行が進む中、労働者は、成長して雇用を増やしている分野で仕事を得る方法を見出している」と彼は述べていた。そしてそこでは「年収がはるかに多くなる」という。

一方、この2年間で約100万人の女性が完全に仕事を辞めた

働く女性の中には昇給している人もいるが、アメリカの労働人口は2年前に比べておよそ100万人減少していることが全米女性法律センター(NWLC)の調査で明らかになった

NWLCの教育と職場の公正性を担当するバイスプレジデント、エミリー・マーティン(Emily Martin)は2021年9月、「黒人や有色人種の女性たちが多くを占めている低賃金の仕事に就いている女性の大半は、不十分な賃金と、保育施設が不十分ために離職している」と述べている。そのため、女性の仕事に関するいくつかの数値は、信頼性が低いという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular