無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「在宅勤務を続けたい」…オフィス復帰を拒否し「大退職」に参加する人々

労働者は大挙して退職や転職をしており、CEOたちに人材の奪い合いをさせている。

労働者は大挙して退職や転職をしており、CEOたちに人材の奪い合いをさせている。

Maskot/Getty Images

  • 新型コロナウイルスのパンデミックが続く中、リモートワークからオフィス勤務に戻す会社が増えている。
  • しかし、全員が元のやり方に戻したいと思っているわけではない。特に持病を抱える人々は戻りたくない。
  • 会社の復帰要求に抵抗した3人の従業員に話を聞いた。

あるPR会社の従業員は、パンデミックのためにリモートで1年以上働いたあと、同僚とともにオフィスに戻るように1週間前に通告された

ヒアリングも猶予も選択肢も無かった。ただオフィスに1週間で戻ることを要求されたのだ。仕事や私生活や育児スケジュールを考え直す時間もなく。

2020年3月以来、多くの会社が断続的にリモートワークを実施した。そして最近になって、デルタ株やオミクロン株の出現にもかかわらず、多くの会社が従業員にオフィスに戻るよう要求している。

しかしパンデミック期間中、労働者は手放したくないリモートワークの恩恵を見つけた。通勤が無く、休憩中に運動もできるし、外食ではない健康な食事ができる。そしてスケジュールをより思い通りにできるから、自分にとって重要なことのために時間を作ることができる。子供を学校に迎えに行くために仕事を早く始めて早く切り上げることもできるのだ。その結果、もっと良い状況を得たいと気づいて仕事を辞めるワーカーが続出した。彼らは「大退職」と呼ばれるムーブメントに参加しているのだ。

先述のヘルスケア広報会社で働く従業員(自分のキャリアを守るために匿名を希望した)は、リモートで仕事を継続できる可能性について会社の人事部に連絡を取った。

「(会話は)すごく事務的で、あまり心がこもっているようには思えなかった」と彼女は言う。

「なぜ、それほど急いでいるのか、オフィスに戻ることにどんな代価があるのかについての説明はなかった」

しばらくの間は週に1日だけの出勤で良いという条件に会社は同意したが、彼女は最終的にこの仕事をやめてフルリモートの仕事を見つけた。大きな要因は彼女の子宮内膜症だった。その病気によってオフィスにいる時に突発的な痛みに襲われるかもしれないという不安があったのだ。

「家にいれば穏やかに過ごせる」と彼女は言う。

「通勤や居心地悪いオープンなオフィス空間にいること自体、それに費やすエネルギーで疲れてしまい、自分を労ることができなくなってしまう」

医薬販売で働くもう一人の労働者がInsiderに語ったところによると、リモートで働き始めたら心と体の健康が改善したという。そのうえ、彼女の営業成績は販売目標を平均で15%上回ったのだ。

だから、オフィスに戻る時だと上司に言われた時に彼女は抵抗した。在宅で働いて成績が良いのに、なぜ戻らなければならないのかと。

抵抗は実を結ばず、彼女は会社を辞めた。

彼女は当時を振り返り、今思えば自分は大量退職時代の最前線にいたのだろうと言う。職場の中でオフィス勤務に戻すことに対して最初に疑問を呈したの彼女だった。「昔からずっとそうしてきたから」という雰囲気があったからだ。

「経営幹部たちには従業員の声を聞く気がなかった。従業員の満足よりも管理の方が大事という会社にはいたくなかった」と彼女は言う。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular