無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


フィンランド、国民のNATO加盟支持が急増…ウクライナ侵攻を目の当たりにして

2018年11月、ノルウェーのトルガ近郊で行進中のフィンランド軍。

2018年11月、ノルウェーのトルガ近郊で行進中のフィンランド軍。

Finnish Defence Forces/Ville Multanen

  • フィンランド国民のNATO加盟支持が急増していることが、新しい世論調査で明らかになった。
  • この結果は、フィンランドと国境を接するロシアがウクライナに侵攻したことを受けたものだ。
  • ロシアは、フィンランドがNATOに加盟した場合、「深刻な軍事的・政治的影響」を受けると警告している。

ロシアがウクライナに侵攻した後に行われた、フィンランドの人々を対象にした調査で、過半数がNATO(北大西洋条約機構)への加盟を望んでいることが分かった。

シンクタンク「フィンランド・ビジネス・アンド・ポリシー・フォーラム・エバ」の世論調査によると、フィンランドのNATO加盟を支持する人が60%と、これまでより大幅に増えたことが分かった。エバは2022年3月4日から3月15日の間に、2074人を対象にこの調査を実施した。

フィンランドはロシアと長い国境を接しており、かつてはロシア帝国の一部であった。独立後、1939年にソ連の侵攻を受けたが、反撃して独立を維持した。

フィンランドはその後数十年にわたり、ロシアと西側諸国の間でバランスを保つためにNATOへの加盟を避けてきた。2021年の前回のエヴァ調査の時点では、ほとんどのフィンランド人がその立場を支持していたようで、NATO加盟を支持する人は34%に過ぎなかった。

しかし、ロシアが同じくNATO非加盟国であるウクライナに侵攻したことが変化を促し、NATO加盟への支持はほぼ倍増した。

Evaのリサーチマネージャーであるイルッカ・ハーヴィスト(Ilkka Haavisto)は、この結果について次のように述べている。

「ロシアは、近隣諸国を尊重しないことを示した。ウクライナでの戦争は、フィンランドの領土での防衛戦争の恐ろしさを具体的に示し、NATO諸国が非加盟国を助けるために軍事力を行使できないことを明確にした」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular