無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


北極と南極の気温が平年を30℃上回る…気候変動との関係は不明

2017年7月23日、カナダ北極海諸島の北西航路沿いのピール海峡。溶けた海氷に沈む夕日。

2017年7月23日、カナダ北極海諸島の北西航路沿いのピール海峡。溶けた海氷に沈む夕日。

David Goldman/AP Photo

  • 南極北極熱波が到来し、3月18日には平年の気温を南極で40℃、北極で30℃上回った。
  • 両極地の季節は逆だが、「大気の川」が両極地に湿気と暖かい空気を運んだ。
  • 気候変動が両極地での熱波を引き起こしたのかは定かではないが、極地が地球の他の地域よりも早く温暖化していることは確かだ。

2022年3月半ば、地球の極地は熱波に覆われ、季節外れの高温となった。

AP通信によると、北極の一部では、3月18日に気温が平年より約30℃高くなった。同じ日、南極大陸のドームC観測所では、平年より約40℃高いマイナス11.8℃という記録的な気温となった。南極高原の標高3488mの地点に位置するボストーク基地でも、マイナス17.7℃という極端な気温となった。

気候変動に関する非営利研究機関、バークレー・アース(Berkeley Earth)の主任科学者ロバート・ロデ(Robert Rodhe)によると、3月22日の時点で南極の熱波は収まっているが、気温は平年より30℃ほど高い状態が続いている。

「この現象は、これまでの記録や、南極で何が可能なのか、我々が予想してきたことが書き換えている」とロデはツイートしている。

「これは単に異常なほどあり得ない現象なのか、それともこれから起こることの前兆なのか。今のところ、誰にもわからない」

2010年1月1日、南極東部のコモンウェルス湾、デニソン岬の岩場の海岸線に残された溶けかけの氷上に立つ2羽のアデリーペンギン。

2010年1月1日、南極東部のコモンウェルス湾、デニソン岬の岩場の海岸線に残された溶けかけの氷の上に立つ2羽のアデリーペンギン。

Pauline Askin/Reuters

2つの極地は今、正反対の季節にある。南極は秋になって寒くなり始め、北極は冬の暗闇から抜け出したところだ。だが今回、両極地で高温を記録したメカニズムは同じものだ。水蒸気が空を流れる川のように帯状になった「大気の川(Atmospheric rivers)」が、大量の水分と暖かい空気を極地に運び、熱波を引き起こしたのだ。

南極大陸では、「ヒートドーム」と呼ばれる高気圧が大陸の東側に居座り、熱と湿気をそこに閉じ込めたと、ワシントン・ポストが報じている。

南極大陸を研究するダナ・バーグストローム(Dana Bergstrom)、シャロン・ロビンソン(Sharon Robinson)、サイモン・アレクサンダー(Simon Alexander)は、「この2つの熱波に関連性があるのかどうか、まだ分からない。偶然の一致である可能性が高いだろう」とThe Conversationに3月22日付けで投稿している。

それでも彼らは、「モデリングによると、大規模な気候パターンがより変わりやすくなっていることが示唆されている。つまり、この一過性のような熱波が、気候変動が進んだ未来の前兆なのかもしれない」と付け加えている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み