無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ランボルギーニがスーパーカーを完全EV化しない理由…燃料の進化に一縷の望み

ステファン・ウィンケルマン

ランボルギーニのステファン・ウィンケルマンCEO。

Lamborghini

  • ランボルギーニは、ガソリン・エンジンの生産をすぐにやめるつもりはない。
  • 2027年または2028年の完全電動化の前に、プラグイン・ハイブリッド車を多数発売する予定だ。
  • 同社は低排出ガスの合成燃料で、ハイブリッド・スーパーカーが生き残れるかもしれないと考えている。

ランボルギーニが持続可能性の向上と二酸化炭素の排出量削減を目指す必要があることをステファン・ウィンケルマン(Stephan Winkelmann)CEOも分かってはいる。だが、自動車業界の多くが化石燃料から電気自動車(EV)にシフトしても、ランボルギーニが完全電動のスーパーカーを販売する日は、しばらく先になるだろう。

その理由はシンプルだと、ウィンケルマンはInsiderのインタビューで語っている。ランボルギーニと言えば、大きくて、うるさい、パワフルなV10やV12エンジン(そして、アグレッシブなデザインと跳ね上げ式のドア)を誰もが連想する。それを急に変えられる訳がないというのだ。

世界的に排ガス規制が厳しくなり、ランボルギーニも路線変更するつもりではある 。ただし、「力強く燃焼するエンジンを持つというDNA」を損なわない方法で。

EV化については段階を踏み、急がないアプローチを選択する。「この場合、重要なのは、テクノロジーを採用するスピードではなく、最高の1台であることだ」とウィンケルマンは述べた。

ウルス

ランボルギーニ・ウルス。

Kristen Lee

ランボルギーニが純粋なガソリンエンジン車を販売するのは2022年が最後になる。

2024年までに、同社はプラグイン・ハイブリッドを3モデルを発売し、ラインナップを一新する計画だ。スーパーカーのアベンタドール(Aventador)やウラカン(Huracan)の後継と、人気の高いSUV、ウルス(Urus)のニューモデルだ。ハイブリッドがガソリン車と電気自動車の間だとすると、プラグイン・ハイブリッドは、より大きなバッテリーを搭載し、燃費が良く、電気のみで短距離を走行できる、ハイブリッドとフルEVの中間的な位置にある。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み