無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


20年前、アカデミー主演女優賞の扉は開いたはずだった…今のところ黒人女性の受賞は1度だけ

ハル・ベリーは、2002年の第74回アカデミー賞で主演女優賞を受賞した。

ハル・ベリーは、2002年の第74回アカデミー賞で主演女優賞を受賞した。

Frank Trapper/Corbis via Getty Images

  • ハル・ベリーは、自身の2002年アカデミー賞主演女優賞受賞は、より多くの黒人女性が受賞できるようになる「扉を開くものではなかった」と語っている。
  • ベリーは今でもこの部門で受賞した唯一の黒人女優だ。
  • 彼女はニューヨーク・タイムズのインタビューで「胸が張り裂けそう」と述べた。

2002年、ハル・ベリー(Halle Berry)は黒人の女優として初めてアカデミー賞主演女優賞を受賞し、歴史にその名を刻んだ。それから20年、黒人の女優はこの賞を獲得していない。

「それは扉を開くものではなかった」

ベリーは2022年3月24日、ニューヨーク・タイムズ(NYT)に対し、受賞を振り返ってとそう述べた。

「私の隣に誰も立っていないという事実に、胸が張り裂けそうだ」

「チョコレート」で夫と息子の死を嘆き悲しむ母親を演じたベリーの受賞は、歴史的なものであると同時に、「ムーランルージュ」のニコール・キッドマン(Nicole Kidman)、「アイリス」のジュディ・デンチ(Judi Dench)、「イン・ザ・ベッドルーム」のシシー・スペイセク(Sissy Spacek)、「ブリジット・ジョーンズの日記」のレネー・ゼルウィガー(Renée Zellweger)らを抑えた、アカデミー賞史上最大の番狂わせのひとつになった。

そして彼女は、1955年に「カルメン」 で黒人女性として初めて主演女優賞にノミネートされたドロシー・ダンドリッジ(Dorothy Dandridge)にこの受賞を捧げるという、感動的な受賞スピーチを行ったのだ。

受賞当時、ベリーは同部門にノミネートされた7人目の黒人女優であり、彼女の受賞以降、さらに7人がノミネートされている。しかし、ベリーの受賞後、2010年にガボレイ・シディベ(Gabourey Sidibe)が「プレシャス」でノミネートされるまで、黒人女優が再び同部門にノミネートされることはなかった。

しかし、ベリーは前進を実感している。

彼女はNYTの取材に対し、「賞の数で成功や進歩を判断することはできない」と語っている。賞はケーキの上の飾りのようなもので、仲間たちが「今年は特別に素晴らしかったよ」と言ってくれたようなものだと。

「でも、特別に素晴らしかったと評価されなかったら、偉大ではなかった、成功しなかった、世界を変えなかった、チャンスを広げなかったということになるのだろうか」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み