無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NFTを買ってみた…苦難の末に手に入れたデジタル資産は何の役にも立っていない

OpenSeaで購入した14秒のアニメーションNFTのスクリーンショット。

OpenSeaで購入した14秒のアニメーションNFTのスクリーンショット。

OpenSea

  • OpenSeaで初めてNFTを購入したときのことを紹介しよう。
  • 7つのステップを経て、ようやくブタのアニメを所有することができたが、何の役にも立っていない。
  • 一般のユーザーも同じような苦労をするのであれば、普及へのハードルになるだろう。

2022年3月初め、デジタル資産を売買する最大のオンラインマーケットであるOpenSeaでNFTを購入した

その際、ゼロから始めるとどれだけ大変か、どれだけ時間がかかったかを紹介しよう。手順は以下の通り。

  1. Coinbaseでイーサ(ETH)を購入する。
  2. デジタルウォレットを設定する(私はCoinbaseウォレットを使用した)。
  3. Coinbase以外でイーサが使えるようになるまで1週間待つ。
  4. CoinbaseウォレットをOpenSeaと連携させる。
  5. OpenSeaのモバイルアプリではNFTを購入できないことに気づき、ノートパソコンで起動。
  6. NFTを選ぶ。
  7. OpenSeaのガス代を支払うためにCoinbaseでさらにイーサを購入し、ついにNFTを購入する。

公平を期すために言うと、この空間に参加しているユーザーの大半は、すでに仮想通貨を所有し、デジタルウォレットを持っていると思う。しかし、私は違った。つまり、この空間をよく知らない他の多くの一般人も、私と同じような経験をする可能性が高いということだ。

では、なぜNFT市場にはこれほどまでに障壁があるのだろうか。そして、それが普及に影響を与えるとは思わないのだろうか。私は専門家に話を聞いた。

NFT開発者向けのツールをコミュニティに提供しているPolyientXの製品責任者であるニック・カサレス(Nick Casares)に私の体験を話し、もっと簡単な方法はないかと尋ねた。彼の答えはノーだった。私は、最も早く、最も簡単なオープンマーケットを選んだというのだ。

「簡単なプロセスではない」とカサレスは教えてくれた。

「消費者がNFTを受け取るには、あまりにも多くのハードルがある」

(クレジットカードで直接NFTを購入できるプラットフォームもあるが、それは資産の所有権がブロックチェーン上で担保されていないことを意味するので、少し違うものになる)

カサレスは、仮想通貨とウォレットをもっと身近なものにするなど、改善するにはいくつかの段階があると話す。これはPayPal、Stripe、Shopifyなどの人気アプリに暗号資産(仮想通貨)を統合することで実現するかもしれない。

デジタルウォレットの概念は少し直感に反しており、最初は誰もが意味が分からないだろう。カサレスは、デジタルウォレットをWeb3への入り口と考え、NFTと対話する方法として考えてほしいと説明した。

また、一般の人がデジタル資産の概念を理解するのは、まだ少し難しいが、それは徐々に変わりつつある。スーパーボウルのテレビCMでは仮想通貨の広告が流れ、有名なオークションハウスでとても高価な暗号資産が販売されたからだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み