無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


VW傘下の充電インフラ企業が描く、充電ステーションの未来

Electrify America

エレクトリファイ・アメリカの充電ステーションのコンセプト。

Electrify America

  • 2022年3月25日、エレクトリファイ・アメリカは「未来の充電ステーション」と呼ぶべきデザインを発表した。
  • そのフラッグシップステーションには、待合ラウンジ、バレーサービス、コーヒーなどが備わる予定だ。
  • 充電用にも利用できるソーラー・オーニングなどの機能を備えたステーションも予定されている。

5分で終わるガソリンの給油に比べ、 電気自動車の充電はかなり時間がかかる。充電ステーションが普通の薄暗いガソリンスタンドよりも、もう少し快適で心地よい場所であってほしいと思うのは当然のことだろう。

フォルクスワーゲン(Volkswagen)傘下の充電企業エレクトリファイ・アメリカ(Electrify America:EA)は、カスタマーラウンジ、イベントスペース、コーヒーバーなどを一部の店舗に整備し、充電体験をより快適なものにすることを計画している。2022年と2023年にアメリカで建設されるいくつかのフラッグシップ店舗で、「人が中心」の新しいデザインの方向性を紹介する予定だ。

Santa Barbara Electrify America charging station concept.

サンタバーバラのエレクトリファイ・アメリカの充電ステーションのコンセプト。

Electrify America

カリフォルニア州ではすでにフラッグシップ店舗が2カ所で稼動している。今後、ニューヨーク、サンディエゴ、ビバリーヒルズ、サンフランシスコなどで最大20基のDC急速充電器を備えた新たなステーションの建設が計画されている。

新しい店舗の一部には、ソーラー発電機能を備えたオーニングが設置され、自動車や客を風雨から守るだけではなく、充電に利用できるエネルギーを取り込む。EAでは、このオーニングを100のステーションに設置する予定だという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み