無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウクライナの抵抗を支える、国産対戦車ミサイル

2018年8月23日、キーウで開催された独立記念日のイベントで展示されるスタグナP対戦車ミサイル。

2018年8月23日、キーウで開催された独立記念日のイベントで展示されるスタグナP対戦車ミサイル。

STR/NurPhoto via Getty Images

  • アメリカと欧州諸国は、ロシアの侵攻と戦うウクライナ軍を支援している。
  • 供与している兵器の中には対戦車兵器、アメリカの「ジャベリン」とイギリスの「NLAW」がある。
  • しかし、ウクライナは独自の対戦車ミサイル「スタグナP」を製造しており、ロシアの装甲車に対して効果的に使用されている。

スタグナP:ロシアが恐れるウクライナの対戦車ミサイル

ロシアの戦車は、あなたがまだ聞いたことがないかもしれない対戦車兵器によって倒されている。スタグナP(Stugna-P)対戦車誘導ミサイルは、ロシアの戦車を苦しめ、打ちのめしている。これはウクライナの国産兵器で、レーザー誘導式で長距離でも十分な貫通力があり、ジャベリンNLAWAT-4以外の有効なオプションとなっている。スタグナPの使い方は非常に簡単で、ウクライナの元政治家で軍人に転向した人でさえ、これを使用することができている。

兵士は隠れてリモコンで操作できる

スタグナPはキーウに拠点を置くルチ設計局が製造している。この兵器の長所は、三脚に設置できることだ。そして50メートル離れた場所からノートPCのように見えるリモコンで操作することができる。操作する兵士は反撃を恐れる必要がない。

元国会議員がスタグナPを使い、対戦車のエースに

簡単に使えるため、ウクライナの元国会議員が軍服を着て、この武器で対戦車兵になったという。42歳のタチアナ・チョルノヴォル(Tetiana Chornovol)は、2014年に議員になったが、政治家としてのキャリアを保留して、ジャーナリストとしてドンバス国境戦争を取材していた。

ロシアの侵攻後、チョルノヴォルは兵士になることを望んだ。2児の母である彼女は、キーウ地域のスタグナPのオペレーターとして配属された

2018年8月23日、キーウで開催された独立記念日のイベントで、スタグナP対戦車ミサイルを運ぶウクライナの兵士。

2018年8月23日、キーウで開催された独立記念日のイベントで、スタグナP対戦車ミサイルを運ぶウクライナの兵士。

STR/NurPhoto via Getty Images

彼女はスタグナPをこう使った

チョルノヴォルはスタグナPで戦闘を経験したことがある。「戦車が現れるのが見えたので、私はオペレーターの持ち場に就いた」と彼女はこのビデオで記者に語っている。「スイッチを入れると、画面に戦車が映し出された。彼らはミサイルの射程距離で入ってきたので、狙いを定め、最初の戦車を破壊した…。燃料電池のそばに撃ち込み、弾薬を爆発させた。戦車は道路から外れて、今は森の中のどこかにあるだろう」

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み