無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


待ち時間も飽きさせない。人気ドラマ『ブリジャートン家』に見るネットフリックスのマーケティング戦略

『ブリジャートン家』シーズン2

ネットフリックスの大ヒットドラマ『ブリジャートン家』。シーズン2が始まるまでの「待ち時間」もファンたちを飽きさせないマーケティング戦略とは?

Netflix

きらびやかなエンパイアウエストのドレスを身にまとい、オペラグローブをはめた女性たちが、扇子を片手にワイングラスを傾けながら談笑している。白髪のウィッグを被ったゴールドの燕尾服姿の従僕が、「レディ・ホイッスルダウンの社交界新聞」の最新号を配っている。

クラシック風にアレンジされたアリアナ・グランデやオリヴィア・ロドリゴの楽曲を弦楽四重奏団が奏でるなか、敬愛する女王が登場すると、臣下たちは深いお辞儀で出迎えた。

この光景はネットフリックス(Netflix)のドラマのワンシーン……ではない。ロサンゼルスのダウンタウンにあるミレニアム・ビルトモア・ホテルで2022年3月24日に開催された、ネットフリックスの人気ドラマ『ブリジャートン家』をテーマにしたファン向けイベントだ。

「女王の舞踏会」と題されたこのオープニングナイトには、100人を超える参加者が集った。ドラマのファンが「リージェンシー」と呼ばれるイギリスの摂政時代に誘われ、曲芸師のパフォーマンスやダンスなどで上流社会の一夜を楽しむという趣向だ。

北米での舞踏会イベントはロサンゼルスを皮切りに、シカゴ、ワシントンDC、モントリオールと続き、5月まで開催される予定だ。

「待ち時間」もファンを飽きさせない

このイベントの狙いは、単に『ブリジャートン家』シーズン2の配信開始に合わせた宣伝というだけではない。熱狂的なファンであれば、視聴体験の枠を超えて浸りたくなる世界観も演出しているのだ。

舞踏会の様子

ロサンゼルスで開催された『ブリジャートン家』のイベント「女王の舞踏会」。エントランスにはアーチ状の藤棚が設けられてドラマの世界観を演出している。

Elaine Low

このイベントを仕掛けたションダランド(Shondaland)は、『ブリジャートン家』のほか、ABCの大ヒットドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』や『スキャンダル 託された秘密』なども手掛けた脚本家、ションダ・ライムズ(Shonda Rhimes)が設立したプロダクションだ。

同社でデザイン・デジタルメディア責任者を務め、コンシューマー向け商品の開発も統括するサンディ・ベイリー(Sandie Bailey、ライムズの姉)は次のように話す。

「ドラマのストーリーを拡張させるなら、実際にたくさんの人がいる場所に足を運んで、交流してもらうのがいいと思ったんです。それがたまたまスクリーンの外だったというわけ」

ライムズは2017年にネットフリックスと包括的業務提携を結んだ。以来、ライムズ率いる制作チームは、全話を同時配信するために長くかかる次シーズンまでの待ち時間(『ブリジャートン家』の場合15カ月)を、実に巧みに活用している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular