無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ロシア版インスタ「Rossgram」が登場。インフルエンサーの収益源を目指すが…ロシア国内の反応は?

ロシア版SNS

2022年3月28日、ロシア版Instagramとも言うべき「Rossgram(ロスグラム)」のロゴが投資家、スポンサー、メディアに公開された。

Rafael Henrique/SOPA Images/LightRocket via Getty Images

ロシア政府は2022年3月14日、ロシア国内でInstagram(インスタグラム)へのアクセスを公式に禁止したが、その前日、メッセージアプリ「Telegram(テレグラム)」上に、「Rossgram — official community(ロスグラム オフィシャルコミュニティ)」というチャンネルが開設された。

Instagram禁止初日には、こんなメッセージが現れた。「2022年3月28日、ロシア版Instagramともいうべきサービスを立ち上げます。Instagramのような機能に加え、AndroidやiOS向けのモバイルアプリも提供します」

一見すると、Rossgramのアプリはデザインも名前も、オリジナルのInstagramと酷似している。ロゴの色も明るいピンクとオレンジで、Instagramを彷彿させるものだ。

ロシアのクリエイターがInstagramにアクセスできなくなり、収入の柱を失って苦境に立たされる中、RossgramはロシアのクリエイターのためにInstagramの代わりとなることをめざすという。

Instagramで100万以上のフォロワーを持つカリーナ・ニーゲイ(Karina Nigay)は、ワシントンポストの記事の中で次のように語る。「Instagramは私にとって、仕事なんです。もし完全に仕事をクビになって収入がゼロになってしまったら、と想像してみてください。家族のためのお金も必要だし、部下にも給料を払わなくてはならないのに、突然従業員に払う資金がなくなってしまったらどうでしょう」

Rossgramは、これまでインフルエンサーたちが活用してきたInstagramの収益関連機能(アフィリエイトリンクやブランドコンテンツ、ショップ機能など)をすべて実装するという。さらに、サブスクリプションやクラウドファンディングなどの新機能も準備する予定だ。

しかし多くのクリエイターは、RossgramがInstagramの代わりになるとは思っていないようだ。

YouTubeで100万以上のフォロワーを、Instagramでは約40万フォロワーを持つカーチャ・コナソバ(Katya Konasova)は、Telegram(テレグラム)にこう投稿している。「(Rossgramの)ロゴはグラフィックソフトのPaint(ペイント)で作ったみたいに見えるし、こんなの誰が使うんだろう」

クリエイターたちはフォロワー数を維持し収益を稼ぎ続けようと、代わりとなるアプリに群がっている。多くの人がメッセージアプリ「Telegram」や、ロシアのSNS「VKontakte(フコンタクテ)」に切り替え、新アプリに移行してくれたフォロワーに特別プレゼントを贈呈するなどの対策をとっている。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular