無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


10代からバーチャルアイテムを販売し月収1100万円。ロブロックスのゲーム好きが高収入デザイナーになれたわけ

ロブロックス

サミュエル・ジョーダンは、オンラインゲーム・プラットフォーム「ロブロックス(Roblox)で大人気のファッションデザイナーだ。

Samuel Jordan

サミュエル・ジョーダン(Samuel Jordan)は、大人気のファッションデザイナーだ。しかし、ユーザーが制作した1100万以上のゲームをホストするオンラインゲーム・プラットフォーム「ロブロックス(Roblox)」を利用している人以外は、彼のことを知らないかもしれない。ロブロックス上でジョーダンは、ビルダーボーイ(Builder_Boy)というハンドルネームを使っている。

これまでジョーダンは、ロブロックス上でヘッドバンドや帽子といったデジタルアイテム2300万点を販売した。その中でも最もよく売れたのはダイアモンド・スタッドイヤリングで、200万点を売った。単価は75ロバックス(Robux)、約0.94ドル(約114円、1ドル=122円換算)だ。

ジョーダンはこうしたバーチャルアイテムの販売によって、2020年に60万ドル(約7300万円)、2021年には実に90万ドル(約1億1000万円)の利益を挙げた。

ジョーダンは、初めからロブロックスを気に入っていたわけではない。10代の頃にロブロックス上でゲームを始めた頃は、ブロック状の見栄えが退屈だと感じていた。

しかしジョーダンは、ゲームそのものがロブロックスの面白さではないと、すぐに気付く。むしろ、日々の生活をシミュレーションし、クリエイティブに過ごす空間があるということの方が面白いのだと。

数年後、友人たちからゲーム作りを手伝ってほしいと依頼された。ジョーダンは次のように振り返る。

「当時はお金になるようなものではなくて、ただ子どもが遊びたいものを作って楽しんでいただけでした。あの時はまだチュートリアルもなかったから、ゲーム上のマップやステージ、キャラクターを作るためのビルディングシステムの使い方を試行錯誤で学習しました」

その後数年間、ジョーダンは、他のゲームのステージ、マップ、環境などをデザインする仕事も請け負った。

Samuel Jordan

ロブロックス上にはジョーダンが「Builder_Boy」名義で販売するアイテムがずらりと並ぶ。

Samuel Jordan

新進気鋭のクリエイターとして、2019年にはロブロックスがカリフォルニア州サンマテオの本社で主催したアクセラレーター・プログラムに参加した。同社の専門家と接点を持ちながら、ゲームのアイデアを育てる支援が受けられる4カ月間のプログラムだ。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular