無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「有害な職場」による損失は年間6兆円超。労働者の声140万件の分析でわかった、5つの特徴と3つの対処法

<背中にナイフを隠し持っていながら偽りの笑顔の仮面を被る同僚たち>

有害な職場文化は従業員の離職を招き、会社の評判を落とすなど金銭面以外でもコストが高くつく。

Nuthawut Somsuk / Getty Images

有害な職場文化は、従業員にとってだけでなく、会社にとってもダメージを与える可能性がある。

マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院上級講師、ドナルド・サル(Donald Sull)博士とその息子のチャーリー・サル(Charlie Sull)、研究者のウィリアム・シポリ(William Cipolli)、カイオ・ブリゲンティ(Caio Brighenti)が行った新たな調査によると、有害な職場が企業にもたらすコストは計り知れないという。

「職場文化が非常に有害であって、そのことで評判になってしまうと企業としての力量を下げることになります」と、ドナルド・サル博士はInsiderに語る。

2022年3月に『MITスローン・マネジメント・レビュー』に発表されたサルの研究は、有害な職場文化とはどのようなものであるかを定義し、こうした文化が企業の運営にどれほどの悪影響をもたらすかを説いている。

また、2019年に人的資源管理協会(Society for Human Resource Management)がアメリカの労働者1000人を対象に行った調査によれば、有害な職場文化が原因で生じる離職によってアメリカ企業が被る損失は、年間500億ドル(約6兆3500円、1ドル=127円換算)近くにのぼるという。

サルらチームは、匿名の会社評価サイト「Glassdoor(グラスドア)」に、500社を超える企業に勤めるアメリカ人従業員から寄せられたレビューを約140万件集め、その回答をAIで分析した。この分析によって得られた職場文化に関する洞察は、データベースとしてまとめられた。

その結果研究チームは、有害な職場には次のような特徴が繰り返し見られることを発見した。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular