無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


ウクライナへの攻撃で100人以上の子どもが死亡…「難民になる子どもが増え続けている」ユニセフが発表

ウクライナとの連帯を示すデモで涙を流す少女。

ウクライナとの連帯を示すデモで涙を流す少女。

Photo by Beata Zawrzel/NurPhoto via Getty Images

  • ユニセフは、ウクライナでの戦争で100人以上の子どもが殺されたと発表した。
  • 負傷した子どもは134人に上るという。
  • ユニセフによれば、実際の死傷者はこれよりはるかに多い可能性がある。

ユニセフ(国連児童基金)によると、約5週間前にロシア軍が侵攻して以来、100人以上のウクライナの子どもが殺害されたという。

これは国連人権高等弁務官事務所に報告された紛争中の子どもの死者数で、さらに負傷した子どもは134人に上るという。

しかし、実際の犠牲者はもっと多いだろうとユニセフは2022年3月30日のプレスリリースで述べている。

ユニセフはまた、戦争の結果生じた多くの子どもの難民に警鐘を鳴らし続けている。ユニセフによると、紛争による難民の半数は子どもであり、110万人以上の子どもが近隣諸国に到着し、さらに250万人の子どもがウクライナ国内で避難民となっていると推定されている。

ユニセフのキャサリン・ラッセル(Catherine Russell)事務局長はプレスリリースで、「ウクライナ国内の状況は急変している」と述べた。

「故郷を追われる子どもが増え続けている。我々は彼らの一人一人が保護、教育、安全、支援を必要としていることを忘れてはならない」

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み