無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


売上高2兆円、アパレル大手H&Mで進む「脱プラ」…2030年「100%サステナブル素材」、財団で開発支援

hm_logo

作成:Business Insider Japan

ヨーロッパ、特に北欧は環境や人権などへの意識が高いことでも知られている。H&Mヘネス・アンド・マウリッツ・ジャパン(以下、H&M)はその北欧・スウェーデン発の企業だ。ファストファッション=大量生産・大量廃棄のイメージが付きまとうが、実はサステナビリティへの取り組みは先進的だ。

「進む、脱プラスチック」特集で取り上げるH&Mの取り組みは、良品計画(無印良品)ともファーストリテイリング(ユニクロ)とも違う。

日本法人であるH&Mジャパンは、プラ新法の施行に合わせたアクションについて次のようにコメントしている。

「弊社では、バリューチェーン全体で循環型アプローチを行っています。

プラ新法に関わるところですと、2025年までに自社製品のポリエステルは全てリサイクル由来となり、また同年までに自社製品全ての包装・パッケージをリユース、リサイクル、または堆肥可能なものにします。

さらに自社内発生の包装・パッケージ廃棄物も全てリユースまたはリサイクルするという目標を掲げ取り組んでいます。

日本では2018年12月にショッピングバッグの紙製化および有料化を開始し、導入前と比較してその使用量を63%削減。オンラインストアでも2021年10月より、外袋をプラスチックから紙製に切り替えています」

後述する池袋店での展示の変化は、そうした日本独自の状況も念頭にある。

H&Mがビジネスコンセプトに掲げるのは、「ファッションとクオリティを最良の価格でサステナブルに提供する」こと。テクノロジーを活用しながらイノベーションを起こし、H&Mグループが有するスケール(世界で5000店舗を展開し、年間2兆円以上を売り上げる)による影響力を生かしながら、公正・平等で循環型、かつクライメート・ポジティブ※なファッションへと導くリーダー企業であることを目指している。

※クライメート・ポジティブ:二酸化炭素の排出量よりも、吸収量・除去量が上回ること。カーボンニュートラルより、さらに高い目標といえる。

「2030年に再生可能素材100%を目指す」と2017年に宣言

その言葉通り、H&Mグループはファッション業界でいち早く、2017年の時点で「2030年に再生可能素材100%を目指す」「2040年までにクライメートポジティブを達成する」と宣言した。

人々の健康に配慮し、地球環境に負荷が少ないもの、リサイクル可能な原料、またはサステナブルに調達された原料のみで全商品を作れるようにするというものだ。

当時サステナビリティ担当責任者だったヘレナ・ヘルマーソン氏は2020年、創業家のカール・ヨハン・パーション氏(現会長)の後任としてCEO(最高経営責任者)に就任。この人事は、サステナビリティを強力に推進することを象徴する出来事でもあった。

ヘレナ・ヘルマーソンH&Mグループ プロダクション責任者(当時)

現在はH&MグループCEOを務める、ヘレナ・ヘルマーソン氏。

REUTERS/Anna Ringstrom

ヘルマーソン氏は2017年に来日している。筆者のインタビュー時には、「サステナビリティ(持続可能性)をビジネスの根幹に置く」「業界のリーディングカンパニーとして、2030年には100%サステナブルな素材とすることを目標にする」「循環型サイクルの構築と、天然素材の取り扱いを強化する」と語った。

バリューチェーンにある約900のサプライヤー、1800の工場(2017年当時)を含めて、地球への負荷をゼロにする「クライメート・ニュートラル」を推進してきたが、さらに踏み込み「2040年には、バリューチェーン全体を通じて、地球への負荷を上回る、プラスの効果を生み出すことを目指している」と強い意志を示した。

コンシャス・コレクションから始まった脱プラ

H&Mの脱炭素、脱プラスチック関連の商品はグローバル企業の中でも有数の多種多様ぶりだ。その端緒となったのが、2010年に発表した「Conscious Collection(コンシャス・コレクション) 」だった。

2012年から、ラグジュアリーなイメージの「Conscious Exclusive(コンシャス・エクスクルーシブ)」コレクションをスタート。パーティやレッドカーペットでも着用できるようなデザイン性とサステナビリティを共存させ、「サステナブルな商品でもここまでファッショナブルにできることを示した」(ヘルマーソン氏)。

2017年には、海洋に投棄されたプラスチックのゴミを原料とする再生ポリエステル「バイオニック(BIONIC)」を採用。ペットボトル89本分を使ったドレスは「美しさとクリエイティビティを兼ね備えている」と自信を見せた。ハイテク素材に加え、テンセルやオーガニックシルク、オーガニックリネンなどのサステナブルに調達された天然素材を使用したドレスやジャケット、アクセサリーなども商品化した。

サステナブルで革新的な技術や素材に焦点を当てた「イノベーション・ストーリーズ」

hm01

H&Mが展開するイノベーション・ストーリーズの1つ、カラーストーリー。写真は2021年の発表時の内容。

撮影:Business Insider Japan

2021年からスタートしたのは、よりサステナブルで革新的な技術や素材、デザインに焦点を当てることを目的としたカプセルコレクション「Innovation Stories(イノベーション・ストーリーズ)」だ。

第1弾「Science Story(サイエンス・ストーリー)」では、最先端のサステナブル素材を使用。サボテンや、ヒマシ油(トウゴマ)など植物由来の素材を用いた商品や、漁網やその他の廃棄ナイロンから100%再生されたナイロン繊維「ECONYL(エコニール)」、プラスチックや食物、コットンなどの廃棄ゴミを使用した商品など25型を2021年3月に発売した。

特にヒマシ油由来のバイオベース糸「EVO by Fulgar」は、軽量でストレッチ性、速乾性が高い機能性素材で、水を大量に必要とせず食用の農耕地も必要としない再生可能な資源として注目されている。

この他に、搾油用の麻種子の残りカスから作られた「Agraloop Hemp BioFibre(アグラループ・ヘンプ・バイオファイバー)」も期待の素材として登場している。Agraloopでは搾油用亜麻、CBDヘンプ、バナナ、パイナップルなどさまざまな食物や薬用作物の廃棄物をBioFibreという織物繊維に変える技術のこと。後述する「グローバル・チェンジ・アワード2018」で1位を受賞したものだ。

廃棄コットンを使い、複数回リサイクルができる再生コットン「Texloop Rcot(テクスループ・アールコット)」や、木製繊維60%、プラスチックごみ40%を混紡したセルロース繊維「Eastman Naia Renew(イーストマン・ナイア・レニュー)」も登場している。

2021年11月登場の第3弾では、動物の倫理的な扱いを求める愛護団体PETAと提携し、動物由来の素材を一切使用しない、初のヴィーガンコレクションを発売した。

2021年12月に発売した第4弾では、サーキュラー・エコノミー(循環型経済)を目指し、2040年までにクライメート・ポジティブになる目標を達成するために開発したデザインツール「サーキュレーター」を活用している。これは、衣服の制作プロセスで、予想される耐用年数や再繊維化しやすい素材や仕様を選択しやすいように、サーキュラー・デザインをサポートするものだ。

「衣服の寿命を延ばすことに対する新しい考え方を開拓する」というH&Mの最新のステップであり、2025年までに全ての製品をこのツールでデザインすることを目標としている。

非営利財団H&Mファウンデーションで「革新的素材」の開発促進

もう1つ、新素材開発ではH&Mの創業一族のステファン・パーション氏が設立した非営利財団H&Mファウンデーションの存在も大きい。

“常識にとらわれない先進的なアイデアを奨励し、循環型社会に向けた具体的な解決策を提示するファッションの開発を支援する国際賞”として、毎年「Global Change Award(グローバル・チェンジ・アワード)」を開催している。

同アワードは、アクセンチュアとスウェーデン王立工科大学(KTH)の協力を得て2015年にスタートしたもので、環境に負荷の少ない革新的なアイデアを通じて地球の天然資源を保護し、循環型ファッションを目指してきた。受賞者には100万ユーロ(約1億3500万円相当)の助成金を配分し、実用化に向けた支援も受けられる。受賞作品に対して特許を取得して技術を囲い込むことをせず、オープンソースで活用することで、業界全体がクライメート・ポジティブに進むことを促進するという考え方を持っている。

実際この中から、脱プラスチックにつながるバイオマテリアルなども登場している。受賞技術のなかでは、例えば、これまで捨てられていたオレンジの皮を利用したオレンジファイバーや、ブドウの廃棄物からできたヴィーガンレザー「VEGEA」などが産業化されている。

H&M基金とHKRITAの共同研究

H&MファウンデーションとHKRITAの共同研究で綿ポリ混紡生地の分離再生を可能に。2017年撮影。

撮影:松下久美

またH&Mファウンデーションは、HKRITA(香港繊維アパレル研究開発センター)に4年間で580万ユーロ(約7億8000万円)の資金を提供し、これまで難しかったコットンとポリエステルの混紡布地の分離・リサイクル技術を開発した。

熱水処理と、生分解グリーンケミカル(レモン汁)を使用してコットンを溶かし、ポリエステルを抽出。ペレット化し、新たに再生糸として服に使用する。液体に溶けたコットンは乾燥させてセルロース粉末化し、ビスコース繊維※に再生して再び服を作ることを可能にした。

※ビスコース繊維とは:自然由来で持続可能な再生繊維「セルロース」から作られた素材で、光沢感やなめらかな質感が特徴

このリサイクル技術はリサイクルの工程で劣化しにくいため、環境に負荷のかかる溶剤などを使用せず水とグリーンケミカルと熱を使用している点などが評価され、ジュネーブ国際発明賞の金賞も受賞している。

ちなみにH&Mファウンデーションの財源は、創業家の資金に加えH&Mが回収した古着から発生する余剰金を活用している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular