無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


NFT市場で起きる3つの変化。「ストーリー性のない作品ではだめ」専門家が解説

NFT

Getty Images

PFP NFT(プロファイル画像非代替性トークン)について語るとき、クリプト・ドットコム(Crypto.com)のNFTグローバル責任者ジョー・コニャーズ3世(Joe Conyers III)の言葉には情熱がほとばしる。PFP NFTとは、ソーシャルメディア上のプロフィール写真としてよく使われる、ランダムに生成されたユニークな特徴を持つデジタルアート作品のことだ。

過去1年、「ボアード・エイプ・ヨット・クラブ(Bored Ape Yacht Club)」や「クリプトパンクス(Crypto Punks)シリーズ」などのPFP NFTが天文学的な価格で取引されてきた。2022年2月には、ある珍しいクリプトパンクスが2370万ドル(約29億円、1ドル=124円換算)相当で落札されている。

Crypto.com

クリプト・ドットコムのNFTグローバル責任者ジョー・コニャーズ3世。

Crypto.com

しかしコニャーズは、PFP NFTにはもっと未開拓の可能性があると信じている。

「私たちは、PFP NFTの黎明期から次の時代へと移行している最中なのだと思っています」

音楽業界で10年の経験を持つコニャーズは、2021年3月に仮想通貨取引所クリプト・ドットコムにNFTのグローバル責任者として加わった。現在は承認ユーザーがNFTを作成、販売、購入できる招待制のNFTプラットフォームの開発を主導しており、NonFungible.comの記事によると、その間の2021年には141億ドル(約1.7兆円)の売上を記録したNFTの人気爆発も見てきたという。

ビープル(Beeple)の名で知られるデジタルアーティストのマイク・ウィンケルマン(Mike Winkelmann)らの作品は、これまで手厚く報われてきた。ウィンケルマンは2021年3月、オークションハウス「クリスティーズ」で、自身の作品の1つを6900万ドル(約86億円)で売却した。IT業界にも熱心なコレクターや売り手は多く、Twitterの創業者であるジャック・ドーシーは、Twitterを立ち上げた際の最初のツイートをNFTとして290万ドル(約3億6000万円)で売却した。

ハリウッドは歴史的に見ても最先端技術の導入が立ち遅れている業界だが、ワーナー・ブラザース、『マトリックス レザレクションズ』から『ロー&オーダー』を手掛けたプロデューサーのディック・ウルフ(Dick Wolf)まで、各スタジオやスターが自らのNFTを発行したり、販売を推進したりしている。

しかし、このところNFT市場は冷え込んでいる。NonFungible.comによると、NFTの平均販売価格は、2022年1月上旬の過去最高値6900ドル(約86万円)から、3月末には2000ドル(約25万円)まで下落しているという。また、成功したNFTクリエイターの作品には注意すべき点もある。ローガン・ポール(Logan Paul)、グライムス(Grimes)、A$APロッキー(A$AP Rocky)などのNFTは、発行以来、その評価額が下がっている。

完全に失敗したプロジェクトもある。例えば、NBA選手でサクラメント・キングスのポイントガード、ディアロン・フォックス(De'Aaron Fox)は、2022年1月に発行したNFTコレクション「スワイパ・ザ・フォックス(Swipa The Fox)」をわずか1カ月で廃止した。フォックスがNFTの運営を委任したパートナーのやり方に不満があったことが一因だ。

また2022年3月29日には、NFTゲーム「アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)」を動かしていたブロックチェーンがハッキングされ、6億ドル(約744億円)以上の仮想通貨が盗まれる事件が発生したと運営会社が発表した。

アクシー・インフィニティのハッキングに触れたコニャーズは、「NFTはまだリスクが高い」と言い、次のように指摘する。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular