無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


筋力アップに加えて有酸素運動としても優秀な2つのエクササイズ

ローイングエクササイズ(ボート漕ぎのような運動)

yoh4nn / Getty Images

  • 健康のためには有酸素運動が重要だが、ランニングをする必要はない。
  • ローイングエクササイズやケトルベルスイングなどの運動は、心拍数を上げスタミナや持久力をつける。
  • それらの運動は筋肉をつけることもできるし、膝、足首、脚を負傷する可能性も小さい。

パーソナルトレーナーによると、有酸素運動や持久力の向上、全般的な健康のためにジョギングを行う必要はないという。

ニューヨークのTS Fitnessのノーム・タミール(Noam Tamir)CEOによると、ランニングには多くのメリットがあるが、ローイングエクササイズ(ボート漕ぎ運動)やケトルベルスイングなどの運動は、エアロビクスに代わる運動になり、しかも関節に負荷をかけないという。

どちらも持久力を高めると同時に、体幹、下半身、背中に筋肉をつけることができ、より効率的な全身運動がになるという。

ローイングエクササイズは楽しく有酸素運動ができ、筋力アップと関節の保護になる

有酸素運動は一般的に、筋肉の肥大を促すための短時間で激しい運動というよりは時間をかけて一定の力を使うものなので、ほとんどの有酸素運動は筋トレのように効率的な筋肉アップは期待できないと専門家が以前Insiderに話していた

だがタミールCEOによると、ローイングマシンでの運動は心拍数が上がるので有酸素運動にもなり、同時に筋肉を緊張状態にして成長を促すという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み