無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


愛、結婚、子どもよりも先に! アメリカでは「まず家を買う」独身女性が増えている

引っ越し

Getty Images

  • 独身女性は、家を購入するのにもう結婚を待たない。
  • 2021年、アメリカでは独身男性よりも独身女性の方が家を所有している人の割合が多かった。
  • 持ち家は独身女性にとって経済的な見返りが大きい。中には2年でその価値が10万ドル(約1200万円)上がったという女性もいる。

独身女性は配偶者が家を買うのをもう待っていない。

First Americanの最新データによると、アメリカでは2021年、独身男性よりも独身女性の方が家を所有している人の割合が多かった。平均世帯収入は独身男性より低いにもかかわらず、だ。独身女性を世帯主とする世帯の持ち家率は53%を超え、2016年の約50%から増加したという。

「金融危機の余波を受けて、2016年には全体の持ち家率が63%という低水準に達しましたが、その後、2021年には65.5%に回復しました」と、First Americanのチーフエコノミスト代理オデタ・クシ(Odeta Kushi)氏はInsiderに語った。

「興味深いことに、2016年以降の持ち家率の回復は主に独身女性を世帯主とする世帯がけん引しています」

アメリカではここ数年、自分で家を買おうと決断する女性が増えている。さまざまな要素が関係しているものの、"教育"が大きな影響を与えているようだ。First Americanによると、アメリカでは2000年以降、大卒以上の独身女性を世帯主とする世帯の割合は13.6%増えている。ただ、学歴に関係なく、独身女性にとって"家を所有すること"はますます重要になっていて、今では65%の独身女性が家を買うのに結婚を待つつもりはないと話している。

「これまでは"結婚"と"子ども"がライフスタイルを大きく左右し、持ち家率を高めるのに貢献してきましたが、独身女性たちは"家を購入するのは愛と結婚の後"という伝統的な考え方を捨て去ったようです」とクシ氏は指摘する。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み