無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「大退職」を予見した心理学者「この状況は2、3年続くだろう」…その理由は、人々がまだ人生を模索しているから

アンソニー・クロッツ教授。

アンソニー・クロッツ教授。

Mays Business School

  • アンソニー・クロッツ教授は「大退職」という言葉の生みの親だとされている。
  • フィナンシャル・タイムズのインタビューで彼は、退職率はあと2、3年は高いままだろうと予測している。
  • 400万人以上のアメリカ人が仕事を辞めたという月が、2022年2月で連続9カ月になった。

「大退職(Great Resignation)」を予見した心理学者は、今後2、3年は平均以上の割合で労働者の退職が続くと予測している。

アンソニー・クロッツ教授は、フィナンシャル・タイムズ(FT)のインタビューで、この傾向は続くだろうと示唆している。というのも、COVID-19の世界的なパンデミックから2年が経っても、人々はまだ「自分の人生を模索している」からだ。

テキサスA&M大学メイズ・ビジネススクールの教授であるクロッツは、従業員のさまざまな退職方法を調査することに関心を持っていると述べている。彼は2021年2月、ブルームバーグのインタビューで「大退職」という言葉を作ったとされている。

2021年4月、約400万人のアメリカ人が仕事を辞め、それは20年ぶりのことだった。それから2022年2月まで、9カ月連続で月間の退職者数は400万人を超えている。

2022年4月3日のFTに掲載されたインタビューでクロッツは、雇用主が新しい働き方を提示しようと模索する中で職場が著しく変化しており、さらに退職は伝染するように広がりかねないため、「労働市場はしばらくはやや不安定な状態が続くだろう」と指摘している。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

あわせて読みたい

Popular