無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


体幹に効く全身運動なら、バーピーよりも「ケトルベルスイング」

あるトレーナーは、より効果的なフィットネスのために、バーピーをケトルベルスイングに変えるといいと述べている。

あるトレーナーは、より効果的なフィットネスのために、バーピーをケトルベルスイングに変えるといいと述べている。

jacoblund/Getty Images

  • ケトルベルスイングは、パワー、スタミナ、そして体幹や脚の筋肉を含む全身の筋力を鍛えることができる。
  • ケトルベルのエクササイズ効果を最大限に発揮するには、きちんとしたテクニックを身につけ、起こりがちなミスを避けることが大切だ。
  • あるパーソナルトレーナーは、全身を鍛えたいなら、バーピーよりもケトルベルの方がいいと話している。

あるパーソナルトレーナーによると、全身を鍛えたいなら、バーピーを減らしてケトルベルにする方がいいという。

バーピーをすると心拍数が上がり、翌日には肩や体幹、脚が痛くなるので嫌われがちで、しかも必ずしも効果を得るための最適なエクササイズではないと、ニューヨークのTS Fitnessの創設者兼CEOであるノーム・タミル(Noam Tamir)は言う。

「ローレップ(少ない回数)で行うバーピーは問題ないが、通常は時間が設定されていたり、あまりにも多すぎるレップ数で行われることが多い」とタミルはInsiderに語っている。

「衝撃が強すぎて、肩や腰に負担がかかってしまう」

一方、ケトルベルを用いたスイングは、これまで軽視されがちだったヒップヒンジ(股関節を蝶番のように使って身体を曲げ伸ばしする動作)に重点を置き、関節に負担をかけずに、大臀筋、ハムストリングス、体幹、背中を鍛えることができる。ケトルベルを用いると、メタボリックコンディショニング(代謝調整)が可能となり、持久力アップと大量のカロリー消費につながる。

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み