無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


復帰したスターバックスCEO、年内にNFTビジネスに参入することを表明

ハワード・シュルツ

スターバックスのハワード・シュルツCEO。

Starbucks video

  • スターバックスはNFTビジネスに参入する計画だという。
  • ハワード・シュルツ臨時CEOは、NFT参入の野望は2022年に実現するだろうと述べた。
  • 彼はコーヒーチェーンのリーダーに3回目の復帰を果たした際に、この発表を行った。

スターバックスのハワード・シュルツ暫定CEOは2022年4月4日(現地時間)、年内にNFT(非代替性トークン)に参入すると述べ、コーヒーチェーンと関わる顧客と従業員の両方の体験を再構築する必要性に言及した。

同社は「NFTによるデジタル・イノベーション」などに取り組んでおり、今後数週間のうちに詳細を発表する予定だと声明で述べている

シュルツ暫定CEOは、4月4日に開催された同社の従業員向けのオープンフォーラムで、「今年中にNFTビジネスに参入するつもりだ」と述べた。NFTに関する彼の発言のビデオクリップは非営利ニュースメディア組織More Perfect Unionの記者兼プロデューサーであるジョーダン・ザカリン(Jordan Zakarin)によってオンラインで共有されたものだ。

「NFTのプラットフォームやビジネスを作ろうとしている企業、ブランド、有名人、インフルエンサーを見てみると、スターバックスのように、コレクターズアイテムから会社そのものまで、宝の山のような資産を持つ企業は見当たらない」と同氏はデジタル資産のビジネスについて調査していることを従業員に語った。

Nonfungible.comのレポートによると、音楽、アート、その他の収集品のデジタルデータの所有権を担保するブロックチェーンベースのトークンであるNFT市場は2021年に急成長し、その取引量は2020年のわずか8200万ドル(約10億円)から176億ドル(約2兆1800億円)に急増した。

人気のあるものとしてはBored Ape Yacht Club、CryptoPunkなどがあり、そして2021年にはクリスティーズのオークションでNFTアートが6900万ドル(約85億円)以上で落札された。

シュルツのNFTに関する言及は、彼が暫定CEOとして会社に戻ると発表された数日後に行われた、従業員に対するスピーチの一部だった。シュルツは、ケビン・ジョンソンが5年間務めたCEOを辞任した後、その役割に就いた。彼はコロナウイルスの大流行で世界中の店舗が影響を受けている時に復帰することになった。また、アメリカを席巻する強力な労働組合結成の動きの下での復帰でもある。彼は先週、スターバックスが計画していた自社株買いプログラムを中止した。これによって「従業員と店舗」にさらに投資し、株主のために長期的な価値を生み出すことができるようになるという。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み