無料のメールマガジンに登録

平日17時にBusiness Insider Japanのメルマガをお届け。利用規約を確認


「元なでしこ」で「元女子」3人組YouTuberミュータントウェーブが語る、日本のジェンダー教育

ミュータントウェーブの3人

撮影/キム・アルム

赤、紫、オレンジ。奇抜な髪色の3人が渋谷の街に現れた。3人組YouTuber「ミュータントウェーブ」。活動をはじめて5カ月で約70本の動画を公開し、つい先日、チャンネル登録者が1300人を超えたばかりだ(2022年1月現在)。3人とも、現在は男性として生きる「元女性」。そして全員が、「元なでしこリーグの女子サッカー選手」の肩書きを持つ。

グループの結成は、2021年6月。リーダーの「おおちゃん」こと大嶋悠生(ゆう)さんは、27歳で女子サッカー選手を引退後、29歳で性別適合手術を受け、戸籍の性別を変更した。LGBT向けの人材会社で営業マネージャー兼研修講師として企業などへのLGBT研修に出向くなかで、「トランスジェンダーとして、個人でもっとできることがあるのでは、と模索していた」(大嶋さん)。

大嶋悠生さん

リーダーの「おおちゃん」こと大嶋悠生(ゆう)さん。大学卒業後「バニーズ京都SC」で27歳までプレーし、引退後、29歳で性別適合手術を受け、戸籍の性別を変更。2021年10月まで、LGBT向けの人材会社でセールスマネージャー兼研修講師として勤務。

撮影/キム・アルム

そんな折、選手時代の4つ下の後輩「まさ」こと大川政美さん、大川さんの郷友の「あさひ」こと山本朝陽さんとたまたま集まる機会があった。二人も女子サッカー選手引退後、性別適合手術を受け、戸籍も変更したという同じ境遇。「3人で何かできることがあるのでは」と意気投合し、YouTubeで発信していくことを決めた。映画「ミュータント・タートルズ」をヒントに、「突然変異する波」を意味するグループ名を決め、テーマカラーも割り振った。取材時の奇抜な髪色は、それぞれの担当カラーだという。

ジェンダーよりも、肩書きにびっくりされて

大川政美さん

「まさ」こと大川政美さん。「バニーズ京都SC」選手時代は、大嶋さんの4年後輩だったが「出会った瞬間から馴れ馴れしくタメ語で話してきた(笑)」と大嶋さん。23歳で引退後27歳で戸籍変更を終え、2021年12月まで施設のネットワーク環境整備の仕事などに従事した。

撮影/キム・アルム

YouTubeでの発信を始めるにあたって、最初に決めたことがいくつかある。どうせやるんだったら、趣味としてではなく、収益を狙うこと。そして、より多くの人に届けるためLGBTの当事者でない人に向けた発信をすること。動画のコンセプトは、3人のアスリートとしての経験を生かせ、かつジェンダーと根深いイシューである「ファッション」と「スポーツ」をメインに据えた。

動画の企画と構成は、大嶋さんが枠組みを考える。「元女子が、メイクをしてみたら」「3人の運勢を占ってもらった」「バンジージャンプを飛んでみた」などの「挑戦系」から、LGBT当事者や元アスリートを呼んでの「トーク系」までその内容は幅広い。奇想天外に見える企画も「視聴者に何を伝えたくてこの内容にするのか、しっかり考えています」(大嶋さん)と戦略のうちだ。2021年8月にチャンネルを開設し、動画を週3〜4本ペースで公開すると、視聴数は徐々に伸び、同年12月には「計4000時間の視聴」という収益化の条件をクリアした。

ミュータントウェーブの3人

「3人のタイプがそれぞれ違って、『バランスがいいね』とよく言われるし、自分たちでもそう思っています」と山本さん。

撮影/キム・アルム

人気企画のひとつが「街カミングアウト」。町行く人々に、LGBTに関する知識を聞くとともに「僕たち、L/G/B/Tのうちどれにあたるでしょう?」とインタビューする。街の人の推測はさまざまだが「3人ともトランスジェンダーで、元女性なんですよ」と明かし、さらに「3人とも元なでしこリーグの選手なんです」と畳みかけると、ほぼ全員が驚きの声をあげる

「性的マイノリティを抱えていると、自分はあまりよく思われてないんじゃないか、とネガティブに考えてしまいがち。でも、皆さん意外と僕たちのセクシュアリティよりも、『元なでしこリーグの選手』という肩書きにより驚いてくれる。視野を広げてみると、マイノリティであることを気にしない人や温かく受け入れてくれる人って案外たくさんいるんだな、と実感しています」(大嶋さん)

大川さんも「僕らのことをゲイと見る人やバイセクシュアルと見る人もいて、その理由もさまざま。当たり前のことのようだけど、改めて人間って一人ひとり捉え方や考え方が違うんだな、と感じます」と話す。

そう、当事者であるないに関わらず、人は一人ひとりが違う。これこそが、彼らが動画を通して伝えていきたいことだ。

「捉え方の入り口づくり」をしていきたい

山本朝陽さん

「あさひ」こと山本朝陽さん。22歳で現「日体大FIELDS横浜」を引退後、24歳で戸籍を変更。ベンチャー企業の営業職として働くかたわら、メンタルトレーナーとしても活躍。

撮影/キム・アルム

彼らの次なる挑戦の一つが、全国の小・中学校や高校、大学をまわって、ジェンダーに関する講演を行うこと。LGBT当事者と接することで、偏見を抱かずに多様な人を受け入れる姿勢を子どもたちに持ってほしい、という思いからだ。

山本さんは、治療や手術を経て、戸籍上の性別と名前を変更した6年前、15歳年の離れた弟と交わした会話を思い出す。

「弟が小学校3〜4年生くらいのある日、『名前も変わるから、これからは朝陽って呼んでくれ』って伝えたんです。すると、弟はすんなり『うん、わかった!』と。元の名前での呼び間違えを何度もくり返したけれど、今はちゃんと朝陽って呼んでくれているし、弟の友達も、さらにそのお母さん方も、皆『◯◯君のお兄ちゃん』と呼んで受け入れてくれている

そんなふうに、僕らの活動が、10年後20年後に誰かと出会ったときの『捉え方の入り口づくり』になったら嬉しいですね」(山本さん)

子どもは柔軟で、ストレートなんですよね。大人は色々考えてしまって、『(性別のことに)触れちゃいけないのかな』なんて思ってしまうけれど、子どもは、そんなこともあるんだと素直に受け入れてくれる」と大嶋さんもうなずく。

12月から手探りで始めた講演は、「街カミングアウト」などのYouTube企画を取り入れ、 講義形式ではなく、子どもたちが楽しみながらジェンダーについて学べるスタイルだ。前後にアンケートも実施し、子どもたちのリアルな声をしっかりと拾い上げるほか、 実際に学校で行った様子をYouTubeで動画として公開もする。

お声がかかれば、北から南まで、島にだってどこにだって行きます。正直、地方ほど届けたいですね。地方には『LGBT』はおろか『ダイバーシティ』という言葉さえ知らない、という人も少なくないですから」(大嶋さん)

三者三様、だからバランスがいい

ミュータントウェーブの3人

大川さんがおどけて、他の二人が吹き出す。ミュータントウェーブのYouTube動画でもよく見られる光景だ。

撮影/キム・アルム

自他ともに認める「三者三様だからこそ、バランスのいい」3人。責任感あふれるリーダーの大嶋さん、そんな大嶋さんをしっかりとサポートする山本さん。そして「僕は二人にひっついて、楽しくやれればいいんですよ」とつぶやく大川さんは、その独特な言動で笑いを誘い、スパイスとして欠かせない個性を放つ。

「僕は、自分のジェンダーのことをずっと隠して生きてきたんですが、今思えばそれは生きづらさにつながっていました。今は、自分が話すことで誰かのためになるんだったら、それはそれでいいなと思っています。周りが応援してくれるのも嬉しいですね。以前、建築現場で一緒に働いていた親方からも、先日数年ぶりに連絡があって、『お前、頑張ってるらしいな、何か困ったことあったら言えよ』なんて。おっかない人だったんですけどね(笑)」(大川さん)

意見の食い違いや衝突も日常茶飯事だが、それは互いの信頼ゆえだろう。今後は、YouTubeでの発信と並行し、トランスジェンダーに関するコンサルティングや、メンタルトレーナー事業など、さらに活躍の幅を広げていくつもりだ。彼らにとって、2022年は大きな飛躍の年になるにちがいない。

◆ミュータントウェーブが2022年2月に実施した、ジェンダー教育の資金を募るクラウドファウンディングの詳細はこちら(2022年02月27日に募集終了)

◆ミュータントウェーブのYouTubeチャンネルはこちら

ミュータントウェーブの3人

撮影/キム・アルム

MASHING UPより転載(2022年1月24日公開


取材・文/中村茉莉花(MASHING UP編集部)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • LinkedIn
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …

Popular

あわせて読みたい

BUSINESS INSIDER JAPAN PRESS RELEASE - 取材の依頼などはこちらから送付して下さい

広告のお問い合わせ・媒体資料のお申し込み